【農業改革の視点】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4562056134 日本再生のためには、各主要産業でイノベーションを起こすことが必須ですが、なかでも重要分野が、農業。 本日ご紹介する一冊は、船井総合研究所を経て、専業農家に転じたという異色の経歴の持ち主が、現場目線の農業改革を語った内容です。 現在、メディアで農業改革が語られる場合、「農業は手厚く保護すべき」派と「市場原理にまかせれば農業は強くなる」派に大きく分かれますが、著者によると、事はそんなに簡単ではありません。... 【詳細を見る】

【これからゼロイチ起業を目指す人に】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4296100947 本日ご紹介する一冊は、好著『起業の科学 スタートアップサイエンス』の著者による、入門版。 今回は、ゼロイチ起業を目指す方のための基本書となっています。 ※参考:『起業の科学 スタートアップサイエンス』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822259757/ 著者は、外資系コンサルティングファームを経て、独立後、日本で企業向け研... 【詳細を見る】

【究極のノーリスク起業?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4781617336 本日ご紹介する一冊は、発売直後から話題となっている、Twitter、YouTubeで話題の起業本。 著者の「えらいてんちょう」は、リサイクルショップ、学習塾、居抜き物件を借りた小さなバーなど、「しょぼい店舗」の開業・運営を手掛ける経営者。 再現性のあるノウハウが話題となり、現在は投資家・コンサルタントとしても活躍中です。 本書では、著者が推奨するローリスク起業法「しょぼい起業」のコンセプ... 【詳細を見る】

【これは傑作。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344033507/a> 本日ご紹介する一冊は、メガネ業界の「ZARA」を目指し、世界中に11カ国260店舗を展開する「オンデーズ」再生の物語。 著者は、オンデーズ代表取締役社長であり、もともと年商20億円ながら14億円の負債を抱え、もはや風前の灯火だった同社を、個人資産を投げ売って救済した、田中修治氏です。 本書によると著者は、成功した経営者のご子息らしいですが、それにしてもこの大胆極まりない経営戦略には舌を巻きます。 ... 【詳細を見る】

【必読です。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048964372/a> 本日ご紹介する一冊は、キングコング西野亮廣さんが展開する、コンテンツビジネス論。 今話題のオンラインサロン、オンラインコミュニティを成功させるための秘訣なども書かれており、これは必読の内容です。 タイトルの『新世界』には、2つの意味があって、一つは著者が駆け出しの芸人だった頃、住んでいた大阪の『新世界』。そしてもう一つは、やがてやってくる新しい世界という意味の『新世界』です。 著者は、本書のな... 【詳細を見る】

【3000億円の巨大市場を築いた起業家たち】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822289508/a> 本日ご紹介する一冊は、3000億円の巨大市場を築いた「メルカリ」を追った、ドキュメンタリー。 著者は、日経新聞の編集委員で、2010年から2014年に米シリコンバレー支局でITやスタートアップを取材した奥平和行さんです。 本書では、現在注目を集める「メルカリ」の立ち上げから現在に至るまでの変遷を追っており、いわゆる「起業モノ」の臨場感あふれる内容となっています。 ... 【詳細を見る】

【ゼロから挑戦したい大人に。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048961934 本日ご紹介する一冊は、「格好悪いふられ方」「ありがとう」「Rain」「夏の決心」などのヒット曲を世に出しながら、2008年、国内の音楽活動に一区切りをつけ、愛犬を連れて渡米、52歳にしてひとりビジネスを始めた、大江千里さんによるエッセイ集です。 話の大半はニューヨーク暮らしの話であり、いわゆる起業ノウハウが出てくるわけではありませんが、一度人生をリセットしてやり直すというのはこういうことか、と知... 【詳細を見る】

【ウーバーに投資し、1000万円を100億円にした男】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822255727 本日ご紹介する一冊は、シリコンバレーのカリスマエンジェル投資家、ジェイソン・カラカニスによる注目の一冊。 カラカニスは、ウーバーやマーケットプレイス、サムタックの最初の投資家としてリスクを取った人物で、なんと1000万円を100億円にした、伝説的エピソードの持ち主です。 本書には、そんなカラカニスがどうやって投資案件を見分けているのか、どんな投資戦略を持っているのか... 【詳細を見る】

【好著。必読】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864106010 昭和の時代、起業は頭が悪くてもガッツがあれば成功できる、ユートピアでした。 でも、今日の起業は、頭が良くないと成功できない「高度な知的ゲーム」に変わりつつあります。 なぜなら、今日のフロンティアはサイバー上にあり、それは高度な抽象思考を通してしか開拓できないからです。 「頭がいい」と言っても、これまで日本でもてはやされてきた、「記憶優位の」頭の良さとは違います。 無限にオセロの端を広げていくよ... 【詳細を見る】

【これは名著だ。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822259757 ビジネス書には、「決定版」というポジションがありますが、本日ご紹介する一冊は、まさに起業の「決定版」。 これまではガイ・カワサキの本が決定版だったのですが、昨今のスタートアップの現状、手法も織り込んだという意味で、本書に軍配が上がりました。 著者は、外資系コンサルティングファームを経て、独立後、日本で企業向け研修会社と経営コンサルティング会社、エドテック(教育支援)のスタートアップの3社、シリコンバレ... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー