【左利きの脳から学べること】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478111391

本日ご紹介する一冊は、左利きの医学博士で、「脳番地」トレーニングの提唱者、加藤俊徳さんが、左利きの脳の使い方のすごさを解説した一冊。 本書によると、左利きの割合は、全体のおよそ10%。彼らはその他90%と「脳の仕組み」が違い、異なる感性や独自の見方を持っています。 これを知ることで、われわれは才能あふれる左利きの人材とコラボレーションできるようになり、かつ彼らの脳の使い方を、自身の能力開発に... 【詳細を見る】

【会話で大切なこと。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478112622

本日ご紹介する一冊は、元電通のコピーライター、CMプランナーであり、ベストセラー『読みたいことを、書けばいい。』の著者、田中泰延さんによる待望の新刊です。 ※参考:『読みたいことを、書けばいい。』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/447810722X/ 前作は著者の専門である「文章」について、今作は「話し方」についてですが、今回も示唆に富む内容、... 【詳細を見る】

【これぞ現代のマネジメント】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478113068

先日、クロスリバー社のCEO、越川慎司さんが書いた『AI分析でわかったトップ5%リーダーの習慣』で、デキるリーダーの習慣をご紹介しました。 ※参考:『AI分析でわかったトップ5%リーダーの習慣』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4799327763 本日ご紹介する一冊は、まさにこのデキるリーダーの行動習慣を、実践する方法を説いた一冊。 ... 【詳細を見る】

【真に賢い経営者になるために】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4296000233

ビジネスにおいて、まずい決断がなされた場合、リーダーは「無能」の烙印を押されるわけですが、実際にはそうではありません。 本日の一冊『賢い人がなぜ決断を誤るのか?』の著者、オリヴィエ・シボニーが言うように、<悪い意思決定は無能なリーダーによって下されるのではない。大いに成功し、慎重に選ばれ、非常に尊敬されているリーダーによって下される>のです。 ではなぜ、賢く、人々からも慕われているリーダー... 【詳細を見る】

【孫泰蔵氏推薦!の良書】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492558047

本日ご紹介する一冊は、グラミー賞を主催するザ・レコーディング・アカデミーの共同会長、パノス・A・パノイと、世界的デザイン会社IDEOのパートナー兼グローバル・デザイン・ディレクターのR・マイケル・ヘンドリックスによる共著。 バークリー音楽大学の鬼才とIDEOのパートナーがコラボし、イノベーションのための音楽的手法を述べる。これが面白くないわけがありません。 共にクリエイティブな仕事で成果を上げて... 【詳細を見る】

【これが王道】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4776211645

本日ご紹介する一冊は、『サイコパス』『ペルソナ』などのベストセラーを連発する脳科学者の中野信子さんが、『世界の「頭のいい人」がやっていることを1冊にまとめてみた』という、気になる一冊。 ※参考:『サイコパス』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4166610945/ ※参考:『ペルソナ』 http://www.amazon.co.jp/exec/obid... 【詳細を見る】

【職場の人間関係が変わる?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763139169

本日ご紹介する一冊は、32万部を突破した大ベストセラー『言いかえ図鑑』のお仕事編。 ※参考:『言いかえ図鑑』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763138014/ 不用意に発してしまいがちな「よけいなひと言」を、「好かれるひと言」に変換するコツ・変換例を示した実用書ですが、今回はお仕事編ということで、職場での言い回しが中心になっています。... 【詳細を見る】

【人の支持を集めたい人に】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4866514116

死ぬまで選挙に出る気はありませんが、本日ご紹介する一冊は、選挙で選ばれるための人心掌握術を述べた一冊。 人は生きているうちに、必ず誰かに選ばれてチャンスを手にするのですから、「選ばれる技術」を知っていて損はないだろうと思って、手に取りました。 本書は、2000年以上前の共和制ローマにおいて、後に「祖国の父」と呼ばれるまでになるキケロが、選挙戦を勝ち抜くために用いたとされる手引書。 貴族の... 【詳細を見る】

【「話し方」以前の大事なスキル】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4295405787

本日ご紹介する一冊は、元マッキンゼーのコンサルタントであり、30万部突破のベストセラー『ゼロ秒思考』の著者、赤羽雄二さんによるビジネス書。 ※参考:『ゼロ秒思考』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/447802099X/ 「話し方」と銘打ってはいますが、中身はどちらかというと、人や組織を動かすための考え方を示したものです。 昔、とあ... 【詳細を見る】

【DaiGoがやっているノート術とは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/405406826X 本日ご紹介する一冊は、著書累計420万部突破、メンタリストDaiGoさんによるノート術本。 YouTubeやオリジナルサービス「Dラボ」などでコンテンツ配信をし続ける著者の知的生産システムが気になる人は多いと思いますが、本書はその秘密を公開した、興味深い内容です。 知的生産をして稼ぎたい人向けなのはもちろんですが、試験勉強や目標達成に使いたい人にも効果のある、心理学に基づいたノート術です。 オビに、<「試験計画」「計画... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー