【64万部突破、雑談力シリーズ著者の最新作】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4837927343 本日ご紹介する一冊は、『超一流の雑談力』シリーズ累計64万部突破の著者、安田正さんによる、売れ行き好調書。 ※参考:『超一流の雑談力』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4905073154/ 6月6日調べの日販週間ランキングでビジネス書7位に入っていますが、読んでみて、すぐにその理由がわかりました。 本書は、ホワイトカ... 【詳細を見る】

【現役東大生の読書法】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492046259 ビジネス・自己啓発に属する本のなかで、最も苦手なのが、いわゆる「読書術」を書いた本。 というのは、ほとんどの内容は知っていることのため、得られるものが少ないから。さらに、こちらには持論があるので、大体納得できないことが多いんです。 でも、本日ご紹介する一冊は、ちょっと違います。 なぜなら、本書が扱っているのは「読書術」ではなく、「知的態度」だからです。 どんな態度で読書に臨むか、どんな... 【詳細を見る】

【米Amazon.comで五つ星1300獲得の超注目作】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/415209771X   昨日は、人間関係で悩みを抱える友人のために深夜、バーに出掛け、相談に乗っていました。 新宿某所の地下にある、瀟洒なバーですが、そこで、素敵な店員さんに出会いました。 土井が赤ワインを2つ頼もうと思って手を上げると、わずかに遅れて、すっかり酔いが回って周りが見えていない30代の男性が、大きな声でオーダーをする。 瞬間的に土井は手を引っ込め、「後でいいよ」と無言の合図を送ったのですが、ここでの店員さんの対応... 【詳細を見る】

【もはやわからないでは済まされない】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492046224/a> 第一次産業革命、第二次産業革命が「資源を増やす」革命だったのに対し、第三次産業革命は、効率化することで「実質資源を増やす」方向に向かっています。 Uber、Airbnb等のシェアビジネスは、その最たる例と言っていいでしょう。 こんな時代に覇者となるのは、人々の日常から「複雑性」や「ストレス」を取り除くのに成功した企業。 それらの企業が共通して持っているのは、全体を統合して... 【詳細を見る】

【元LINE CEO森川亮の仕事術】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797395222/a> 本日ご紹介する一冊は、元LINE CEOで、現在はC Channel代表取締役社長として、2500万人のSNSファンを集める、森川亮さんによる仕事術。 最近、働き方改革のトレンドに乗っかって、さまざまな本が書かれていますが、これほどズバズバ無駄を省く方法を書いた本はないと思います。 まず、何よりこの本自体に無駄がない。 変な与太話や、情緒的なエピソードはほぼなく、何をやる... 【詳細を見る】

【アウトプットで人生が変わる】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4591158721 よくセミナーで「こっち側」と「あっち側」という言い方をしますが、情報を発信する側と受ける側では、圧倒的に情報量が違う。 それは、情報発信する人には自ずと情報が集まるからです。 土井がこれに気づいたのは、父が潰れた保育園から大量に紙芝居をもらってきた時でした。 紙芝居は「読んでもらうもの」だった当時の土井にとって、その紙芝居の「裏側」に書いてある内容は衝撃でした。 裏側には、「ゆ... 【詳細を見る】

【ジム・コリンズ絶賛】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4903212645 本日ご紹介する一冊は、ジム・コリンズ、アダム・グラント、ダニエル・ピンクなど、ビジネス界のグルがオススメする、注目の一冊。 著者のスコット・ソネンシェイン氏は、シリコンバレーのスタートアップ企業での勤務経験、AT&T、マイクロソフトなどでの戦略コンサルタント経験等を経て、現在ライス大学教授を務める人物。 本書では、企業・個人双方に当てはまる、成果を出すためのコンセプト「ストレッチ」について述べてい... 【詳細を見る】

【これは使える。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4866510552 本日ご紹介する一冊は、シリーズ累計100万部を突破した、「ニューヨーク・タイムズ」ベストセラーの教養本。 日本語版のタイトルは、『1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365』となっていますが、そのタイトル通りの内容です。 1週間で7分野(歴史、文学、芸術、科学、音楽、哲学、宗教)、これを繰り返すように構成されています。 日本人が書いた教養本と決定的に違うのは、本書がいわゆる「欧米」目線で書... 【詳細を見る】

【累計1600万部著者による、注目の書】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797389494 連休の谷間の平日に、思わず気が抜けてしまいそうなタイトルですが、累計1600万部著者、森博嗣さんによる興味深い「集中力」に関する論考です。 オビに、<現代の「集中力信仰」を斬る!人気作家の超・知的生産術とは?>と書かれていますが、そのままの内容です。 集中力の弊害と、思考を分散・発散させることの重要性、そして著者独自の知的生産術が語られた、興味深い内容です。 著者は、十年ほ... 【詳細を見る】

【教師は必読。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569837980 本日ご紹介する一冊は、元・駿台予備学校のカリスマ講師で、化学の季節講習会集客数日本一を取ったこともある(3000人動員)、犬塚壮志さんの説明のノウハウ書。 著者はこれまでに500人以上を東大に合格させ、2000人以上を医学部合格に導いたそうですが、本書には、その説明の「型」である、「IKPOLET(イクポレット)法」が紹介されています。 IKPOLETとは、以下の略語の頭文字のことです。 Inte... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー

    2018年6月
    « 5月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930