【朝日新聞ベテラン校閲記者が教える】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4479795863 4月も後半。いよいよ就職活動が本格的に始まりますね。 昨今の就職活動は、ES(エントリーシート)の執筆がほぼ必須となっており、学生さんは、まずここを突破しないと次に進めません。 面接でもこのESをベースに質問されるので、良いESを書くことは、就職活動成功の肝と言っていいと思います。 とは言え、慣れていない文章をどう書くかは、悩むところ。 そこで助けになるのが、本日ご紹介す... 【詳細を見る】

【頭がいい人の脳内整理術】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4860634993 以前、某女子大学で「広告論」を教えていた時、レポートで「日本 の広告主トップ5を書け」という課題を出しました。 いろんな珍回答があった中で、衝撃を受けたのは、こんな答案。 1位:ソフトバンク(1位ではない) 2位:テレビ(媒体です) 3位:新聞(これも媒体) 4位:ホンダ 5位:電通 えっと、広告主と媒体と広告代理店が混ざっちゃっていますね(汗)。 ここでわかったことは、... 【詳細を見る】

【Googleベンチャーズの最速仕事術とは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/447806699X 本日ご紹介する一冊は、Googleが有望なスタートアップに投資するために立ち上げたGV(グーグル・ベンチャーズ)のメンバーが、FacebookやAirbnb、マッキンゼーも採用しているという最速仕事術「SPRINT」を紹介した、注目の一冊。 「SPRINT」は、平日、月曜日から金曜日のたった5日間で重要な問題に答えを出す手法で、本書の構成も、MONDAYからFRIDAYまで、順を追ってプロセスが紹介されるという流れになってい... 【詳細を見る】

【これは傑作。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534054890 本日ご紹介する一冊は、数字に疎い経営者にうってつけの会計の本。 ご存知の通り、会計には税金を計算するための「税務会計」と、会社を円滑に経営するための「管理会計」があり、経営者向けでベストセラーになった本はほぼ、「管理会計」の本。 というのも、税務会計しか勉強していない税理士のアドバイスは、経営において役に立たず、ゆえに混乱している経営者が多いからです。 なかでも多い悩みは、「なぜ儲かっているのにお... 【詳細を見る】

【グローバル時代、知らないと恥ずかしいカタカナ語】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4413112113 本日ご紹介する一冊は、ついに200万部を突破した、「できる大人の大全」シリーズ最新刊。 90万部を突破した『できる大人のモノの言い方大全』以降、何冊かご紹介しましたが、ここ最近はピンとくるものがありませんでした。 ※参考:『できる大人のモノの言い方大全』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4413110749/ そ... 【詳細を見る】

【人に好かれる政治家の技術】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4479795812 本日の一冊は、元国会議員秘書で、数多くの「普通の人」を選挙で当選させてきた選挙戦略家が、その「魅せ方」の極意を披露した一冊。 ブランディングの軸の作り方から服装、表情、握手の仕方まで、周囲をファンにする技術がシンプルにまとめられています。 握手ひとつとっても、7つのステップで丁寧に解説しており、政治家や有名人がやっている「テクニック」が一発でわかります。 (1)相手の目を笑顔で捉える ... 【詳細を見る】

【有名企業のリリース実例+主要メディア担当からの助言】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4820759736 本日ご紹介する一冊は、かつて神戸製鋼所の広報部長を務め、以降経験を積んできた広報のプロ、広報・危機対応コンサルタントの山見博康さんが、ニュースリリースの最新事例210を一挙紹介した一冊。 広報のデスクに一冊置いておいたら便利なニュースリリースの見本(それも大企業の現物!)が、500ページ以上にわたって紹介されており、じつにバリューの高い一冊です。 (本書自体は、全部... 【詳細を見る】

【会社で一発OKが出る資料作りノウハウ】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4837926746 出版を含め、ビジネスの世界でモノを言うのは、企画を通し、資金を集め、人を巻き込む力。 そのためには、「一発OKが出る」ための企画力を身に付けておく必要があります。 本日ご紹介する一冊は、かつて法人顧客に対して人材育成、教育研修を担当していたコクヨ・ワークスタイル研究所の元所長が、社内外で一発OKをもらうための資料作りを論じた一冊。 現在は同社の経営企画室に所属し、日々企... 【詳細を見る】

【あっぱれ。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4794222645 山口に行くようになってから、政治に興味が湧いてきました。 と言っても、政治の世界に行こうというのではありません。 ビジネスパーソンとして、人を動かす政治力を身に付けたい、ということです。 本日ご紹介する一冊は、人心掌握のための古典として名高い、中国古典『鬼谷子』のエッセンスを盛り込んだストーリー。 主人公は、新興の出版社「帝国パブリッシャーズ」に買収された老舗の小さな出版社「共和書房」に勤める... 【詳細を見る】

【デキる人が会議でやる100の方法】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152096578 大学時代に入っていた学生サークルAIESEC(アイセック)、そして草創期に携わらせてもらったAmazon。 この2つに共通していたことは、どちらもメンバーが「頭良さそう」なことでした。 「頭が良さそう」に見えた理由は、じつは会議でのトークやゼスチャー。 まだ若かった土井は、メンバーのプレゼンターへの鋭い突っ込みや、立ち居振る舞いなどを見て、気圧されてしまうことが、しばしばありま... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー