2019年4月10日

『頭のいい奴のマネをしろ』藤田田(デンと発音して下さい)・著 vol.5253

【日本マクドナルド創業者、藤田田の本がまとめて復刊!】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4584139083

本日ご紹介する一冊は、日本マクドナルド創業者であり、商売の天才、藤田田(デンと発音して下さい)の名著を復活させたもの。(発売は4/13)

シリーズ累計307刷、97万部のベストセラーを6冊まとめて復刊したものの一冊で、他にはこんな書籍が復刊します。

『ユダヤの商法』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4584139008

『勝てば官軍』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4584139075

『金持ちだけが持つ超発想』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4584139091

『ビジネス脳のつくりかた』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4584139105

『クレイジーな戦略論』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4584139113

本日の一冊でご紹介する『頭のいい奴のマネをしろ[新装版]』は、このなかでも商売の知恵に内容を絞り込んだもので、失われた日本人の商売魂を思い出させてくれる良書です。

相変わらず、女性が読めば眉をひそめそうな品のない表現もありますが、商売の視点、戦略の視点、マネジメントの視点は間違いなく勉強になります。

銀座三越の軒先を格安で借りた話や、非常識な取り組みで大当たりした話など、読んでいて痛快そのもの。

目からウロコがポロポロ落ちる、すごい内容です。

さっそく、内容をチェックして行きましょう。

———————————————–

「銀座の一等地に何とか地代のかからない店を開くことはできないだろうか」虫がいいかもしれないが、私は本気でそう思った。そして私は、軒先をちょっと借りることを思いついたのである

勝負は勝たねばダメだし、商売は人が腰を抜かすほど儲けてみせなければダメだ

デパートでは“文化”を売れ、スーパーは“生活”を売れ

1分でも早く品物を届けろ

バーゲン・セールはするな=商品に誇りをもて

感情に走って儲けをフイにするような人は、商人になる資格も、富を手にする資格もない。商人はあくまで“儲けのプロ”であるべきだ

情報の流れは常に生きている。これぐらいのことは常識だと考えて確認をおこたると、とんでもない落し穴におちこんでしまう

タマゴを見たらニワトリを想像せよ。100万円を見たら1億円を考えるのが、いわば金儲けの基本姿勢である

世の中のスピードがかわった、といって驚くことはない。情報の流れがかわった、といって嘆くこともない。金儲けも、そのスピード、その流れに合わせてしまえば、あっという間に達成できるのだ

“あやしげなもの”が売れる

他人と同じレジャーを楽しんでいるようでは、やはりその相手と同様な収入に甘んじなければならないだろう。ひとよりうんと儲けたいならば個性的なレジャーを発見し、王侯の楽しみをひとりだけ味わうことである

私は6年生を2回やったおかげで普通の人の倍の友人に恵まれた。(中略)落第も浪人も、一種の“ゆとり”である。そしてその“ゆとり”は、商売をする上でも金儲けをする上でも、大切な要素である

いかに若者たちをおだててみても、ヤングは低所得層である。お金にたとえれば1000円札だ。商売は1万円札を呼ばなければ成功しない。それでは1万円札ばかり追いかけて、1000円札のほうはどうでもいいかというと、やはり、1000円札も呼べないようでは、1万円札などはとても呼べない。つまり、若者を商売の起爆剤として活用するのが、若者路線の狙いでなければならない

宗教家や教育者は人間を人間として見るべきだ。しかし、商売人は人間を動物だと認識しなければならない。そして、人間の根本的な欲望に訴えて商売をすべきである

その国ではどういう色がどんな意味を持っているか、そこまで調べておかないと商売はできない時代に、すでに突入しているのである

儲かる奴は決して返事をのばさない

実行力の伴わないアイデアはカスだ

———————————————–

さすがは商売のカリスマ、藤田田。言葉の力が違います。

この本ですっかり、商売人マインドを呼び覚まされました。

『ユダヤの商法』、『勝てば官軍』は読んでいましたが、それ以外の書籍は読んでいなかったので、これからこのシリーズ、完読したいと思います。

名著の復活、心からお祈りするとともに、書評家として、強力プッシュしたいと思います。

———————————————–

『頭のいい奴のマネをしろ』藤田田(デンと発音して下さい)・著 KKベストセラーズ

<Amazon.co.jpで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4584139083/

———————————————–

◆目次◆

第1章 現金をつかむ俺のやり方
第2章 知識より知恵だ
第3章 ジェット思考の時代が来た
第4章 資本主義の世の中で勝つ頭の回転
第5章 金を生む標的を狙え 第6章 大胆な発想と感覚
第7章 デン・フジタの突撃ラッパ
藤田田伝

この書評に関連度が高い書評

この書籍に関するTwitterでのコメント

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー