2019年4月19日

『ひとり社長の稼ぎ方・仕事のやり方』一圓克彦・著 vol.5260

【ひとり社長の仕事術】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4756920195

本日ご紹介する一冊は、サラリーマン、年商150億円の会社経営、そして現在「ひとり社長」と、さまざまな経験をしてきた著者が、「ひとり社長」の稼ぎ方、働き方を指南した一冊。

これから「働き方改革」に伴う人手不足で、中小零細企業はどんどん淘汰されていくと思いますが、そのなかで注目されているのが、従業員なしで経営する「ひとり社長」です。

クラウドやアウトソーシングなどのサービスを上手に使ってスタッフ部門を縮小し、ひとりで商品開発をしてひとりで売り、ひとりでサービスを提供する。

こんなスタイルなら、人材不足の時代にもしっかり対応できますし、フリーランスよりも自由で、金銭的にも豊かになることができます。

著者いわく、ひとり社長のメリットは、「5つの自由」にあります。

1.時間の自由
2.仕事量の自由
3.取引先・仕事相手の自由
4.取扱商品の自由
5.参入&撤退の自由

この「5つの自由」に惹かれる方は、試してみる価値があるでしょう。

本書では、ひとり社長をやりながら十分に稼ぐための方法論、いったん得られた自由を失わないためのテクニックが書かれています。

扱う商品をどうするか、どう売るか、どうやって顧客と接するか。

高い収益と独立性、自由を実現するための具体的なノウハウが書かれており、これはぜひ読んでいただきたい内容です。

さっそく、ポイントをチェックしてみましょう。

———————————————–

ぶっちゃけますと「ひとり社長」として自宅で起業した当初、電話代行サービス付きのバーチャルオフィス(月額2万円)と、自身の給与30万円(社保込)、税理士さんの顧問料(1万円)のみが固定費でした。封筒や名刺などの消耗品経費を入れても月額40万円の粗利があれば成り立つ法人でした

「ひとり社長」は、そこでお客様を一定数獲得したあと、「何でもできる」にシフトしていくべき

「無形のサービス」というのは、お客様からすると、手にとったり他と比較したりできませんので、販売するハードルがぐっと上がります。つまり、売りにくい。そこで、私がオススメするのは「売りやすいが利益率の低いモノ」と「売りにくいが利益率の高いサービス」を組み合わせた「パッケージ商品」です

私のコンサルティングサービスには、テキストや教材、ツールなどの「モノ」が付加されています

商品開発は「差別化」よりも「個別化」

◆ひとり社長が最初に持ってはいけない3つのモノ
・事務所
・在庫
・しがらみ

あらゆるコストを「変動費」化する意識

企業の場合、「支出」ではなく「投資」対象になる商品。つまり、その商品やサービスによって売上利益というリターンを得られるという確信を持ってもらえるように努めることが何よりも重要

お客様に「手間」を転嫁できる部分はないかな、と考える

企業をピンチに陥れる大きな要素が「資金繰り悪化」です。その中に含まれる「在庫リスク」と「売掛未収リスク」、この2つをクリアしておくだけで、経営者は安心して本業に邁進することが可能

販売終了の時期を明確にしておくこと

「仕事」と「タネまき」の時間を可視化する

ひとり社長にオススメしたいのが、日次決算

契約書など、紙での保管義務がある書類以外は、基本紙で残しません。ここで大活躍しているのがスキャナーです。今は、名刺や書類をスキャンするだけでなく、OCR機能(読み取った文字を文字として認識できる機能)がついた高性能スキャナがたくさん発売されています。私はこれを、東京、大阪、札幌の各オフィスのほか、自宅にも配備しています(私はScanSnapというスキャナを使用しています)

経営理念よりも営業時間を発表する

———————————————–

著者の経験から得られた原理原則、テクニック、使ってよかったツールなどが書かれており、ひとり社長を実践するためのヒントがたくさん書かれています。

ちょっと誤字・脱字が目立ちますが、内容は極めて実践的です。

小さく起業したい方、規模を縮小してマイペースで経営したい方、フリーランスだがもっと稼ぎたい方は、ぜひ読んでみてください。

———————————————–

『ひとり社長の稼ぎ方・仕事のやり方』一圓克彦・著 明日香出版社

<Amazon.co.jpで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4756920195/

———————————————–

◆目次◆

第1章 さぁ、ひとり社長になろう
第2章 ひとり社長のスタートアップ
第3章 ひとり社長のビジネスモデル
第4章 ひとり社長の営業戦略
第5章 ひとり社長の時間管理術&セルフコントロール術
第6章 ひとり社長の情報発信術
第7章 実録「ひとり社長」ができあがるまで

この書評に関連度が高い書評

この書籍に関するTwitterでのコメント

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー