2018年11月5日

『人を傷つける話し方、人に喜ばれる話し方』渋谷昌三・著 vol.5149

【じつは30万部!のロングセラー】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4898315607

日大アメフト部の事件や、LGBT「生産性」発言、新体操コーチのパワハラ事件…。

今年はとかく「話し方」に注目が集まっていますが、そんななか、人気が再燃しているロングセラーがあります。

2018年10月現在で第36刷。30万部を突破した、『人を傷つける話し方、人に喜ばれる話し方』です。

著者は、心理学・文学を専門とし、多数の著作を持つ、目白大学人間社会学部教授の渋谷昌三氏。

本書では、上司が部下にかける言葉、目上/目下で微妙に違うほめ方、「決めつけ」の上手な使い方など、人間関係を円滑にするための言葉のテクニックが、具体的な会話例で書かれています。

既にベストセラーとなっている『伝え方が9割』とはまた違う、味のある言葉の使い方が書かれており、こちらもぜひ併せて読んでおきたい。

特に、上司にあたる人は、読んでおいて損はないでしょう。

さっそく、ポイントをチェックしてみます。

———————————————–

なかなか業績を上げない部下に、「まあ、キミに期待しても無理だと思うけどな」というのも、いわれた人はつらいでしょう。「期待されていない自分」を指摘されたときの落胆は、その人にしかわからないものです

昔の失敗を蒸し返す、その無神経さが人を傷つける

「心に響いた」といわれたら、これ以上のほめ言葉はないでしょう。評論家ぶったほめ方をするのではなく、ひとりの人間として、心でほめることが相手に伝わるのです

力のない者が力のある者を「ほめる」、これはとても失礼なこと

人は自分の存在を認めてほしいものです。おとなしくて、隣に引っ込んでいるような人でも、「私はここにいます!」と心の中で叫んでいます。出しゃばる気はないけれど、存在は認めてほしい、そう考えている人が大半ではないでしょうか。組織の中心にいる人、上に立つ人、目立っている人は、そういう人にこそ、「あなたにはいつも助けてもらっています」「なんだか私ばっかり、おいしいところを持っていってすみませんね」といった心づかいの言葉を投げかけてほしいものです

「~すべき」と押さえつけるより、「~しましょう」と誘う

「土佐の女なんだから、酒が好きなんだろう?」「会津人は頑固だからなあ。あんたも融通が利かないんだろ?」なども、相手を傷つけます。(中略)どうせなら、ほめ言葉で使ってください。「さすが会津人、根性ありますね」「いいですねえ、明るくて前向きで。B型の人って、私、好きです」というように

「上の空」の相づちで、人の心は離れてゆく

「おお、どうした?」というように、前のめりで相手の話を聞いてやろうとする姿勢が好印象を与えます

「あなたは間違っている!」というように相手の非を責めるのではなく、「私はあなたがこなくて、本当に困りました」というように、主語を「あなた」から「私」に変えて話すこと

「なるほど」が口癖になっている人は要注意。確かに「あなたの話を理解しました」「納得しました」という意味で使うものですが、これも連発されると「もう話はわかったから、そろそろ切り上げてくれ」といわんばかりに聞こえるときもあります

人の「好きなもの」「楽しいこと」を否定してはならない

———————————————–

年配の著者ならではの、細やかな気配り、味わい深い文章で、自分のこれまでの言動について、反省させられること、しきりでした。

やっぱり話し方は、微妙なニュアンスが命ですよね。

ついついやってしまいがちな「人を傷つける話し方」、ぜひ本書でチェックしてみてください。

きちんと実践すれば、生涯で手に入る人的資産に大きく差がつくはずです。

———————————————–

『人を傷つける話し方、人に喜ばれる話し方』渋谷昌三・著 ワック

<Amazon.co.jpで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4898315607/

———————————————–

◆目次◆

第1章 余計なひとこと、大事なひとこと
第2章 職場で「得する人」「損する人」の話し方
第3章 何気ない「話し方」が自分の株を下げている!
第4章 その口癖で、「心の中」が読まれている
第5章 ここぞの場面、「とっさのひとこと」に威力あり
第6章 ここが違う、「話がおもしろい人」「つまらない人」
第7章 得する人は、「心のニュアンス」を伝える

この書評に関連度が高い書評

この書籍に関するTwitterでのコメント

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー

    2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930