2018年9月6日

『特捜投資家』永瀬隼介・著 vol.5110

【傑作です】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478105669

ジャーナリストと起業家、投資家には、共通点があります。

それは、いずれも「一発狙い」だということ。「一発」という表現が適切でなければ、「ホームラン狙い」とでも言えばいいでしょうか。

ジャーナリストはスクープを狙いますし、起業家は大きな事業を企てる、そして投資家は大化け株を探す。

かの天才コピーライター、デイヴィッド・オグルヴィは、「バントをするな、場外ホームランを狙え」と言ったことで有名ですが、情報産業では、「大きく考える」ことが富をもたらす秘訣なのです。

とは言いながら、「大きなこと」には常にリスクがつきまとうのも事実。広げられた風呂敷が本物なのか、関わっている人間はまっとうな人間なのか、急激に集まるカネは引く時もはやい…などなど。

そんな情報産業に潜むリスクと、カネの現実、現在の資本主義社会の退廃ぶりを、ジャーナリスト、起業家、投資家が交錯するストーリーの中で描き出したのが、本日ご紹介する『特捜投資家』。

「EVの革命児」ともてはやされるミラクルモーターズの黒崎宏、成功した男たちを渡り歩くクールビューティーな女性起業家、椎名マリア、個人投資家として数百億の資金を動かし、莫大な利益を得ている天才投資家・城隆一郎、そして城に雇われ、ミラクルモーターズを調べ始める、元ブンヤのフリージャーナリスト・有馬浩介、捜査線上に浮かんできた、闇の大物…。

スリリングなストーリーを読んでいるうちに、資本主義社会を渡り歩くための知恵が身につく、じつに興味深い小説です。

さっそく、ポイントをチェックしてみましょう。

———————————————–

「夢よもう一度、ってあがく男はみっともないもんねえ。でも──」
意味ありげな一瞥をくれ、しゃあしゃあと語る。
「ゴージャスな夢を味わったことのない男はもっとみじめだけど」

「カネと自由は同義だ。カネさえあれば、上意下達の愚かな組織に属することも、間抜けな他人に頭を下げる必要もない。おれは本物の自由が欲しいからカネを稼ぐ」

「金持ちから儲けようと考えるな。貧乏人から儲けるほうがずっとラクで効率的、という厳然たる事実を胸に刻め。(以下省略)」

「世間は夢と希望にあふれた大風呂敷を持て囃すが、広げることならだれでもできる。要はきっちり畳めるか、否か、だ」

「ほら、“買いは家まで、売りは命まで”と言うじゃない」
知らない。初めて聞いた。マリアは冷笑し、説明する。
「株価千円の株を買った場合、どんなに値下がりしても千円の損で済むよね。しかし、こと空売りを仕掛けた場合、天井知らずでしょ。株価千円は理論上、一万円にも十万円にも上昇することがある。つまり、いったん上昇に転じた場合、被る損は際限がないってことよ」

「この世にはどんな因縁が潜んでいるのか、だれにもわからない。想定外のことも、いともたやすく起こり得る。ここは先入観を極力排して、虚心坦懐に調査に当たったほうがいい」

「真面目な働き者だったけど、莫大な借金をしょっちまって、首くくって死んだんだ」
ぐっと息を呑む音がした。兵藤が沈痛な面持ちだ。
「幼馴染の豆腐屋に頼まれて、銀行融資の保証人になったはいいが、夜逃げされちまってな。あとは坂道を転がるがごとく、だ」

「人間、情がいちばんなんだよっ、毎日コツコツ働いて、人様に喜んでもらえることがなにより大事なんだっ」

カネはカネを呼ぶ。太いカネほど吸い寄せるカネも多くなる

諦めずに歩けばなにかに当たる、諦めた時点で可能性はゼロになる

「おまえにはカネを稼ぐべき理由があった。そういう人間は実に有用だ。決死の覚悟でがむしゃらに、あとさき考えずに働くからな」

「おれは元ブンヤの物書きだ。どこまでいっても物書きだ。憶えとけ」

カネさえあればこの世に不可能なことはない、と信じた少年がいる。貧しく孤独な少年は悪の修羅道をひた走り、莫大なカネを稼ぎ、目も眩む万能感に浸った。望むことはなんでもできた。なんでも買えた。もっとも大切なものを除けば、だが

———————————————–

若い頃、『ナニワ金融道』を読んで、お金と人間の現実を学び、実世界に出て本当にその通りだなと思ったものですが、本書もまた、現代の資本主義社会の現実を見事に描き出しています。

脇の甘い人間がハマる落とし穴、レバレッジ投資のリスク、情報操作の危険性、平気で風呂敷を広げる起業家と、それに群がる危うい投資家たち…。

まさに今の日本の闇の部分を描いているようで、背筋が寒くなります。

ぜひ、読んでみてください。

———————————————–

『特捜投資家』永瀬隼介・著 ダイヤモンド社

<Amazon.co.jpで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478105669/

<Kindleで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07GNCHLP6/

———————————————–

◆目次◆

序章 キング誕生
第一章 バブル、再び
第二章 逆張りの男
第三章 傲慢な投資家
第四章 EVと革命児
第五章 ワルの錬金術
第六章 ジャングルに潜む東洋人
第七章 天才物理学者の悲劇
第八章 007と呼ばれた男
第九章 その秘策、333億円
第十章 崖っぷち会議
第十一章 告白する女
第十二章 夜の訪問者
第十三章 天使と悪魔
終章 家族のカタチ

この書評に関連度が高い書評

この書籍に関するTwitterでのコメント

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー