2018年4月12日

『アマゾンのすごいルール』佐藤将之・著 vol.5009

【読み応えあり。】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4800282438

本日ご紹介する一冊は、アマゾン ジャパンの立ち上げメンバーの一人であり、アマゾン内部の仕組みを知り尽くした元ディレクターが、『アマゾンのすごいルール』を公開した一冊。

これまで、この手の本は何冊か出ており、かつどれもアマゾンの強さの本質に迫ったものではなかったのですが、今回の本は違います。

本書には、これまであまり触れられてこなかった、アマゾンの人材採用、人事評価の話、さらに独自のPDCAの回し方、チーム作りなどが語られているのです。

採用の際の評価基準や、バーレイザーを交えた面接の仕組み、人事評価の仕組み、メトリックスを軸にしたPDCAの回し方など、これまで門外不出だったアマゾン内部の制度・仕組みに触れられています。

著者がサプライチェーン、書籍仕入れ、オペレーション部門など、幅広く異動した経験があり、かつ最近まで(2016年)同社にいたため、視点が幅広く、かつ情報も新しいのが特長です。

さっそく、ポイントを見て行きましょう。

———————————————–

10億円規模の決済がわずか2日間で通った

「倉庫貸し」のビジネスがなぜ誕生したのかと言えば、それは「ホリデーシーズン以外の倉庫が遊んでいるから」

アメリカをはじめとした世界中の注文をスムーズに処理するためには、膨大なデータを高速演算処理できるサーバーを準備する必要があったわけです。ところが、ピークを過ぎてしまえば、倉庫同様、サーバーにも空きが生じます。その空きを他社に「サーバー貸し」したのが、AWSの始まり

「忘れないでくれ。あのとき、僕と当時の仲間たちが世間から誤解されるようなイノベーティブなことをやったから、今、花が咲いているということをね。今、未来のために種を植えなかったら、この花はいつか枯れてしまうよ。だから、今日もイノベーティブな種を植えよう。未来に花を咲かせるためにね。たとえ、それが今は誤解されるようなことであったとしても」(ジェフ・ベゾスの言葉)

遠い未来から、物事を考える──これはジェフ・ベゾスの素晴らしい才能

少数ならば「善意」でも成立するのです。けれども、「善意」だけでは、規模を拡張することも、継続することもできないのです。大切なのは、「仕組み」なのです

「Single Detail Page(シングルディテールページ)」というフォーマットが誕生したことが“革新的な発明”

アマゾンのすごいのは、販売者を「アマゾン優先」、「それ以外の販売者は2番手以下」と優先順位付けしなかったことです。「お客様にとっていちばん有益なセラー(トップ)がショッピングカートを取れる」というルールを設け、セラーの競争原理が自然に働くようにしたのです。トップは、本体価格、配送料、配達にかかる日数など、さまざまな条件をアルゴリズムで解析した結果、決定されています

何か大きな目標を達成したときに、私たちは必ず「But Still Day One!!でもまだ1日目が始まったばかりだけどね」と言うのです

「アマゾンをこれから1つ上の段階に引き上げてくれる人材を採用しよう」

アマゾンでは、アマゾンのすべての行動を「数字=メトリックス」で管理する体系ができ上がっています。
「今週の目標は何か?」「先週の目標達成率はどうだったか?」といったことがすべて数字で決められています

———————————————–

アマゾンの人事面に触れた、数少ない書籍のため、人事やマネジメント、教育に携わる方は、読んでおくといいと思います。

以前ご紹介した、『シリコンバレー式 最強の育て方』もそうですが、そろそろ日本企業は、新しい人事システムの導入に舵を切るべきなのかもしれませんね。

※参考:『シリコンバレー式 最強の育て方』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761272864/

ぜひ読んでみてください。

———————————————–

『アマゾンのすごいルール』佐藤将之・著 宝島社

<Amazon.co.jpで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4800282438/

<楽天ブックスで購入する>
https://bit.ly/2qw8vqT

———————————————–

◆目次◆

序 章 アマゾンを理解するための基礎知識
第1章 アマゾニアンを加速させる基本理念
第2章 アマゾンの飛躍的な成長を支えるビジネスモデル
第3章 アマゾニアンの体内に流れるリーダーシップ
第4章 優秀なアマゾニアンを獲得する人事採用
第5章 アマゾニアンをさらなる高みに引き上げる人事評価
第6章 アマゾンの成長を「仕組み化」する目標管理
第7章 世界を革新するアマゾニアンのアイデア
第8章 アマゾニアンが追い求めるスピード
第9章 シンプルに行動するアマゾニアンのコミュニケーション
終 章 劇的な成長を一員として体験できたアマゾンでの15年

この書評に関連度が高い書評

この書籍に関するTwitterでのコメント

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー