2018年2月4日

『魔法をかける編集』藤本智士・著 vol.4946

【ローカルメディアに学ぶ仕事のヒント】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4295001988

本日ご紹介する一冊は、秋田の書店で見つけた、掘り出し物。

雑誌「Re:S(りす)」編集長を経て、秋田県発行のフリーマガジン「のんびり」、Webマガジン「なんも大学」などを手掛けた、ローカルメディア立ち上げのプロ、藤本智士さんによる編集論です。

マスメディアの限界が露呈するなか、著者が提示するローカルメディアには、大きな可能性を感じます。

御柱祭を生中継して、視聴率80%超を叩き出すLCV(ケーブルテレビ)、著者が手掛けたフリーマガジン「のんびり」の遊び心あふれる表紙、象潟町に埋もれていた版画家・池田修三の作品…。

読めば読むほど、ローカルメディアの魅力に取り憑かれます。

今は、メディアに限らず、みなさんマスプロダクション、マス広告の時代の終焉を感じていると思いますが、どうすれば次のフェーズに進めるか、どんな仕事が求められているか、まだはっきりとはわかっていないと思います。

本書を読めば、おそらくそのもやもやした部分が一発で解消され、何かしらひらめくと思います。

海外にいようが、東京にいようが、地方にいようが、今求められているのは「ローカル」であること、つまり本当にその場にいる人の役に立つことです。

先日ご紹介した、落合陽一氏の『日本再興戦略』にも、ローカルから政治への参加意識を高める、という話がありましたが、メディアもこれからは、この考え方が主流になると思います。

『日本再興戦略』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344032179/

新しい時代の仕事のあり方とは一体何なのか。さっそくヒントを本文から拾ってみましょう。

———————————————–

テレビというマスメディアから流れてくる情報は、東京という特殊なローカル情報なんだと認識して、自らの土地に根ざしたビジョンを描くことが、いま僕たちには必要なんです

うまくまとまった! という満足感に満たされちゃうと、そこにたしかにあったはずの現場の熱量が失われていたり、もともと伝えようとしていたことが伝わっていなかったりしてることに、気づかなくなるんです

「創る仕事になってはいけない、頼る仕事を目指すのが吾々の念願ではなかろうか」河井寛次郎が棟方志功に言ったこの言葉をもって棟方は救われたといいます

インタビュアーであるあなたが、インタビュアーのままであるうちは、その原稿は、どう頑張っても取材相手の演説から脱せないんです。しかしインタビュアーのあなたが、まるで対談相手のようになって会話ができれば、別に紙面にあなたの写真が出てこなくても、意外と読めるインタビューになってるはず

現場で一〇〇パーセント持って帰るってことなんですが、これは、あとからもう一度電話で聞けばいいやとか、あとでネットで調べて補足すればいいやとか、そういう考えで取材にのぞまないということ

「こんなことがやれるといいな」が、「ま、無理か……」に変わるまでの時間はほんと一瞬です

象潟町の人たちにとっては、池田修三の版画作品は、あまりにもふつうで当たり前すぎたんです

<こんなものがあったらいいのに、を目の前に用意する>という魔法は、本当によく効きます

「なんも大学」ではその真逆、秋田のことをあまり知らない人でも、なんとなくイメージすることができる「なまはげ」「きりたんぽ」「秋田犬」などのステレオタイプな秋田コンテンツをあらためて取材しています。それは、単純にこれらを検索したときに、良質な記事が検索上位に上がってこないからです

二〇一六年に視聴率八一パーセントを叩き出した番組がケーブルテレビにある(中略)御柱祭を生中継しているのはLCVだけだから

「これからのメディアが生きる道は郷土愛ですよ」(LCV坂本万明氏)

最後に一つ、大切な編集の魔法を伝えたいと思います。それは<待つこと>。(中略)スペイン語で「待つ」という意味の「エスペラール」は、希望という意味の「エスペランサ」と語源が一緒

———————————————–

地方出張の楽しみは、こういう「掘り出し物」に出合えることですが、本書は編集者が書いているだけに、ダイレクトに仕事の役に立ちそうです。

ある意味、BBMも「ビジネス書」という限られたジャンルのローカルメディアですが、もっともっとその色を濃くしてもいいのかな、と思わされました。

メディア関係者は、必読。そうでない方にも、これからの時代の仕事のヒントが見つかる一冊です。

ぜひ読んでみてください。

———————————————–

『魔法をかける編集』藤本智士・著 インプレス

<Amazon.co.jpで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4295001988/

<Kindleで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B078H1C5BV/

<楽天ブックスで購入する>
http://bit.ly/2s51tML

———————————————–

◆目次◆

はじめに
第1章 冒険の旅に出る ローカルメディアを自分のものに!
第2章 勇者はこんなところにも 文章を扱わない編集者
第3章 魔法の書をしたためる 紙の雑誌「Re:S」
第4章 仲間を手に入れる 秋田県で「のんびり」という挑戦
第5章 武器を八つ装備する 編集術を身につけろ!
第6章 いざ戦いのとき 編集を最大限に活かした「池田修三」
第7章 冒険はまだこの先に これからのメディア
最後に

この書評に関連度が高い書評

この書籍に関するTwitterでのコメント

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー