2017年11月5日

『図で考える。シンプルになる。』櫻田潤・著 vol.4855

【7つの図解でビジネス力が上がる】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478069905

人前で話す仕事をしているせいか、「頭の中はどうなっているんですか?」などと聞かれることがあります。(違う意味だったら怖いですが…)

じつは、土井は頭で「図」を思い浮かべ、それを見ながら話す、ということを実践しています。

これなら、どんなに緊張しても話す内容を忘れることはないし、聴き手にも論点が伝わりやすくなります。

この感覚を理解してもらいたい、と思っていたら、ちょうどいい本があったので、ご紹介します。

本日ご紹介するのは、ニューズピックスのインフォグラフィックエディター、櫻田潤さんによる、図で情報を整理し、説明する技術。

「交換の図」「ツリーの図」「深掘りの図」といった、思考を磨き上げる「7つの図」を中心に、図で関係やストーリーを説明する方法を、わかりやすく説明しています。

それこそ図を使ってわかりやすく、要点をズバリ解説しているので、読んでいてわかりにくいことは一切ありません。

図の技術が半分を占める本なので、言葉だけで要点を紹介するのが大変困難ですが、文字部分だけ、ピックアップしてみます。

———————————————–

図で考えるときは、大事なところが浮かび上がるようにします

人に何かを伝える際には「視点」が必要

小手先のテクニックを磨くのではなく、図にする対象への理解を深めなければいけません

◆思考を磨き上げる「7つの図」
1.交換の図
2.ツリーの図
3.深掘りの図
4.比較の図
5.段取りの図
6.重なりの図
7.ピラミッドの図

「どのような登場人物が、何を交換しているか」。これを理解することは、ビジネスパーソンの必須スキル

「交換の図」を使って小売ビジネスの仕組みを見極める
STEP1 登場人物をパーツ化する
STEP2 交換の矢印を書く
STEP3 交換内容を書く

「売上=客単価×客数」という構造を知っていれば、どちらか、あるいは両方にテコ入れが必要とわかります。「客単価」アップだけを考えれば、セット販売の導入などが有効かもしれません。「客数」アップだけを考えれば、値引きが効果的でしょう。ただし、それによってもう片方がダウンする可能性があるので、気を配る必要があります。そういったことを考えやすいのも、構造を「見える化」したおかげです

「共通点」を見つける4つのコツ
切り口1.共通語から考える
切り口2.売り場から考える
切り口3.機能から考える
切り口4.見た目から考える

組織や自分が何を目指すのか。「ピラミッドの図」を使うと端的に
まとまります

———————————————–

本書で紹介されているのは、シンプルながらじつに強力なツール。

この図解の技術を日本企業の全社員がマスターしたら、きっと日本の生産性は上がると思います。

これまでたくさんのデキるビジネスパーソンにインタビューしてきましたが、結果を出せる人は、フレームワークであれ、図解技術であれ、アイデア発想術であれ、決まって結果を導き出せる「ツール」を持っています。

ぜひ本書を読んで、思考の「ツール」をゲットしてください。

きっと、明日から仕事の結果が変わってくるはずです。

———————————————–

『図で考える。シンプルになる。』櫻田潤・著 ダイヤモンド社

<Amazon.co.jpで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478069905/

<Kindleで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B075XCPMCH/

<楽天ブックスで購入する>
http://bit.ly/2iuH2kh

———————————————–

◆目次◆

準備運動 図に慣れる
基礎トレ1 モノゴトの「関係」を見抜く
基礎トレ2 詳細をヌケモレなく、つかむ
基礎トレ3 「なぜ」「どうして」を突き詰める
基礎トレ4 モノゴトを「比べる」
基礎トレ5 「流れ」を考える
基礎トレ6 「組み合わせ」を意識する
基礎トレ7 方向性を決める
応用 多面的に考える練習
習慣化して武器にする
図の見せ方、語り方

この書評に関連度が高い書評

この書籍に関するTwitterでのコメント

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー