2017年9月13日

『シリコンバレー式最強の育て方』世古詞一・著 vol.4802

【これは使える】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761272864

現在、ビジネス書の分野でもっとも面白いのは、間違いなく「人事」でしょう。

本日ご紹介する一冊は、そんな人事分野のなかでも、今もっとも熱いテーマ、あのGoogle、Yahoo!も採用して効果を上げている、「1on1ミーティング」を扱った一冊です。

著者は、3年連続「働きがいのある会社」1位に輝いたVOYAGE GROUPの創業メンバーであり、元人事トップの世古詞一(せこ・のりかず)氏です。

土井は以前、テレビ関係者の集まりで、渋谷にあるこのVOYAGE GROUPのオフィスを訪れたことがありますが、遊び心あふれるオフィス、やる気に満ちた社員の顔を見て、「これぞ新時代の会社だ」と確信したことを覚えています。

まさかあの会社の人事の仕組みを作った人の本が読めるとは。

これだけでもワクワクするのですが、何よりも驚いたのは、中身です。

以前にも1on1の本は紹介しましたが、本書の方が圧倒的に細かい。

1on1ミーティングで話し合うテーマを7つに定め、さらに何を話し合うべきか、どう話すべきか、サンプルとなる言葉や質問もきっちり書かれており、さらに親切なことに、そのままコピーして使える「1on1ミーティング実施案内のサンプル」、「1on1ミーティング実践シート」、「1on1共有シート」まで付いています。

さっそく、内容をチェックして行きましょう。

———————————————–

退職者に共通した隠れた退職理由がありました。それは「悩んだときに相談する人がいなかった」ということです

評価に対する不満とは、自分があるべきと思っている評価に対して、低い評価を受けていることに対するギャップです。ギャップが大きいほど不満は大きくなります。どうしてこのギャップが大きくなるかと言うと、評価査定のときしか評価の話をしないからです

◆1on1ミーティングで話し合うテーマ
【信頼関係づくりステージ】
1.プライベート相互理解
2.心身の健康チェック
3.モチベーションアップ
【成長支援ステージ】
4.業務・組織課題改善
5.目標設定/評価
6.能力開発/キャリア支援
7.戦略・方針の伝達

◆「4つのレベルの雑談」で意図した雑談をする
レベル1 内容を話す(世間話)
レベル2 内容を聞く(部下自身の話)
レベル3 感情を聞く
レベル4 価値観を探る

「心身の健康チェック」で必ず確認する2項目
1.体調確認(メンタルと身体)
2.業務量

例えば、「最近、チーム内でいいなって思う人いる?」と部下であるAさんに聞いたとします。これには、Aさんの視点を他の人に向けさせて視野を広げるという教育的効果がまずあります。続けてAさんが「Bさんが最近いいですね。先日も依頼した案件をこちらの予想以上に仕上げてくれて、本当に助かってます」と、感謝の気持ちを思い出すかもしれません。そうするとAさんの状態が良くなります。人は感謝の念を抱いているとき、非常に幸福感が高まって良い状態になると、ポジティブ心理学の様々な研究で実証されています

グローバル企業では、1on1ミーティングで年次評価を次々と廃止

1on1を「定例」ではなく「イベント」として捉える

正しい1on1ではなく、笑いのこぼれる楽しい1on1を目指す

———————————————–

いわゆるマニュアル書ですが、行間に流れる著者の思想、人や組織を大事に思う気持ちに心打たれました。

<家族よりも一緒にいる時間が長いメンバーのことをどれだけ知っているでしょうか?>

チェックリストを見ていると、「ああ、自分は全然部下のことをわかっていないなあ」と反省させられます。

至らないマネジャーを批判するのではなく、配慮しつつも言うべきは言う。解決策もきっちり書かれており、人材不足の今、もっとも読むべき本だと思いました。

これは「買い」の一冊です。

———————————————–

『シリコンバレー式最強の育て方』世古詞一・著 かんき出版

<Amazon.co.jpで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761272864/

<Kindleで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B075FQYKK9/

<楽天ブックスで購入する>
http://bit.ly/2x02lmv

———————————————–

◆目次◆

第1章 なぜ、今1on1ミーティングで
    人も会社も変わるのか
第2章 1on1ミーティングで何を話すのか
    ──部下と信頼を構築するために
第3章 1on1ミーティングで何を話すのか
    ──部下の成長を支援するために
第4章 1on1ミーティングを始めてみよう

この書評に関連度が高い書評

この書籍に関するTwitterでのコメント

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー