2016年11月7日

『イートグッド』佐藤こうぞう・著 vol.4492

【食のトレンドから次の時代の「価値」が見える】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4862561888

ビジネスパーソンにとっての「勉強」には、さまざまな種類がありますが、なかでも欠かせないと思うのは、「価値」を学ぶ勉強。

現在の消費者にとっての「価値」とは何なのか?

このスイートスポットを外して、良いビジネスはできないのです。

なぜなら、ビジネスの基本は人を豊かにすることだから。そして、その豊かさの基準は、時代が変われば変わるから。

だから、ビジネスパーソンは、今の時代の「価値」を追究し続けなければなりません。

本日ご紹介する一冊は、「食」のトレンドを通じて、この「価値」を研究できる一冊。

著者の佐藤こうぞうさんは、日本工業新聞記者、雑誌「プレジデント」の編集者を経て、飲食スタイルマガジン「アリガット」を創刊した人物で、2004年には飲食業界のWEBニュースサイト「フード
スタジアム」を立ち上げ、編集長を務めています。

業界の有名経営者とも交流の深い人物で、本書にも、ダイヤモンドダイニング松村厚久社長や、エー・ピーカンパニー米山久社長が推薦の辞を寄せています。

本文も期待を裏切らない内容で、まさに最先端の食トレンド、これからの社会のトレンドが見えてくる内容に仕上がっています。

「価格」から「価値」へ、「チェーン主義」から「個店主義」へ、「効率主義」から「クラフト(手づくり)」へ、1960年代への回帰、など、さまざまなトレンドキーワードが紹介されています。

さっそく、「原因となる一行」を探って行きましょう。
(ここ、拙著を読んだ方しかわからない部分です)

———————————————–

◆ヴィノシティ
なかでも、サプライズだったのが、「こぼれスパークリング」です。シャンパングラスにスパークリングワインをこぼれるすれすれまで注ぐのです。お客さんは「キャーッ!」と言って喜びます。値段はしかも600円とお手頃。これがウケました

◆クラフトビアマーケット
店は、外見がコンクリート打ちっぱなしでスタイリッシュ。国産を中心に外国産も含めた30種類のクラフトビールがグラス480円から楽しめる。カウンターバックの壁面に取り付けた「タップ」と呼ばれるミニサーバーが30個も並ぶさまは、まさにクラフトビールらしいこだわりとライブ感、そしてオシャレ感を醸し出していました

◆外食マーケット4つの変化
1.「価格」から「価値」へのパラダイム転換
2.「チェーン主義」から「個店主義」へ
3.「効率主義」から「クラフト(手づくり)」へ
4.1960年代への回帰(食堂、大衆割烹、小料理屋、炉端、酒場、バーなど)

お客さんの「低価格高価値」志向はもう後戻りできない

チェーンオペレーションはこれから単一業態他店舗化のシステムではなく、マルチコンセプト他店舗化の手段にシフトしていくのではないでしょうか。もう「チェーン店だから」といった強みを訴求できる時代は過去のものになったということです

◆イートグッド
この波はじわじわと広がっています。かつてのオーガニック、マクロビブームとは違い、SNSなどでアメリカの食生活の健康志向トレンドや日本での添加物、化学調味料漬け文化に対する厳しい批判や反省の動きが広がっています

生産と消費の距離をぐっと近づける。それがこれからの飲食店のあり方に違いありません

ミッション、ビジョンはもちろん大事ですが、それを顧客に伝えるシナリオがこれからもっと重要になります

デザイナーには「作品」をつくってもらうのではなく、繁盛するための「仕事」をしてもらわなければならない。デザイナーが有名かどうかなんて、関係ない。あなたが思い描く店をつくるための「仕事」ができるかどうか、それが第一だ

すべての席に座ってみたか?

———————————————–

店作り、ビジネスのヒントが満載ですが、なかでも「我が意を得たり」と思ったのが、以下の記述。

<井の中の蛙では、自己満足店しかつくれません。海外のマーケットを自分の足で歩き、自分の目で見て、自分の舌で確かめるべきだと思います。そうした経験値を店の「シナリオ」に反映させることが重要です>

土井は最近、狂ったように海外に行きまくっていたわけですが、おかげで世界のトレンドが見えてきました。本書を読んで、最新飲食店を知ることにも、旅と同じ効果があると思います。

読むのがかったるい人、店を深く知りたいは、巻末付録の「最新飲食店情報イエローページ」を見て、ビジネス的に押さえておきたい飲食店を訪れてみるといいでしょう。

新しい時代の価値を知らずに、伸びるビジネスは構築できない。

飲食関係者のみならず、ぜひ、読んでいただきたい一冊です。

———————————————–

『イートグッド』佐藤こうぞう・著 トランスワールドジャパン

<Amazon.co.jpで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4862561888/

<楽天ブックスで購入する>
http://bit.ly/2fuF7cf/

———————————————–

◆目次◆

第一章 「繁盛店」のつくり手たちに学べ
第二章 外食マーケット「大転換期」がやってきた!
第三章 飲食トレンドの変遷とマーケット構造の変化
第四章 「業態トレンド」の読み方と最新予測
第五章 「ネオ酒場」が街を変える
第六章 「イートグッド」の時代が来た!
第七章 これからの飲食店、生き残りの条件
第八章 佐藤こうぞうの飲・食・人・語
あとがきにかえて~「外食の未来」について
付録 最新飲食店情報イエローページ

この書評に関連度が高い書評

この書籍に関するTwitterでのコメント

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー