2016年8月8日

『「時間がない」を捨てなさい』有川真由美・著 vol.4401

【考えさせられました。】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4907072651

アーノルド・ベネットの『自分の時間』が売れていますね。

※参考:『自分の時間』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4837957641

それだけ、現代人が「時間」の使い方に興味を持っているということですが、本日ご紹介する本もまた、有意義な人生を過ごすのに役立つ、時間本です。

著者は、数々のベストセラーを持つ、作家の有川真由美さん。タイトルは、『「時間がない」を捨てなさい』です。

数多くの職業経験を経て、46カ国を旅した著者が書く「時間」の本ということで、自ずと期待してしまいますが、内容は期待を裏切らない、読み応えあるものでした。

・「いい人生にしたい」「いい一日を過ごしたい」と思うなら、「いい感情で過ごすこと」
・自分の哲学をもつとは「大切なものをわかっている」ということ
・自分の哲学がないと、「時間がない」か「時間をもてあますか」のどちらかになる
・誰かのために命を使うことが、自分の幸福感につながる

豊かな人生を送ろうと思ったら、「時間」は「愛」や「仕事」と並ぶ必修科目。

有川真由美さんの「時間論」。
さっそくそのエッセンスを見て行きましょう。

———————————————–

「いい人生にしたい」「いい一日を過ごしたい」と思うなら、「いい感情で過ごすこと」を軸に、さまざまなことを選択する必要があるのです。つまり、「どんな気持ちで過ごしているか」「どんな感情で過ごしているか」という心の質が、時間の質になり、人生の質になっていくのです

“モノ”と“時間”は関係ないと思われるでしょうが、これが大いにアリなのです。モノをもつということは、時間を奪うのです。モノが増えれば、必然的にそのことを考える時間、心配する時間が増えます。モノを買いに行くと、選ぶ時間が増えます。モノを管理しなければいけない時間が増えます

自分の哲学をもつとは「大切なものをわかっている」ということ

自分の哲学がないと、「時間がない」か「時間をもてあますか」のどちらかになります

いまやりたいことは、いまやったほうがいい。若いときは恋愛をすること、旅すること、会いたい人に会うこと、感動体験をすること、女性であれば子どもを産み育てることなど、やりたいことはどんどん出てくるはず。先送りするなんてもったいない。あとになれば、もうできなくなるか、やってもそれほど意味がないことも多いのです

スケジュールは、大事な予定から入れていく

まわりを気遣うことは大切ですが、それが行きすぎて「休めない」という状況を生み出すと、まわりにもやさしくできなくなってしまいます

誰かのために命を使うことが、自分の幸福感につながる

憎しみの罠、復讐の罠にはまってはいけない

一つの教訓としていえるのは、何かに頼ろうとすると、お金がかかり、そのお金を得る分の時間を提供しなければいけない、ということです

社会に出たばかりの20代のころは、「経済的な自由」が欲しいと思っていました。「あれが買いたい」というときに、すぐにそれを叶えられる人になりたかったのです(中略)次に手に入れたかったものは、「場所の自由」。どこでも働ける人になりたいと、着物着付け講師の免許や、撮影、編集、執筆などのスキルを身につけ、さまざまな場所で働きました(中略)次に欲したのは「時間の自由」です(中略)40代になって、つくづく欲しいと思ったのは、「続けていく自由」

———————————————–

いわゆる時間管理術の本はたくさんありますが、その多くはそもそも論を問わずに、今やるべきことを「効率的に」片づける方法を説いたもの。本書は、死を見据え、目的を明確にし、人生を豊かにするという絶対的な軸から始めているので、よりドラスティックに人生が変わりそうです。

時間の使い方を見直したい人に、おすすめの書籍です。ぜひチェックしてみてください。

———————————————–

『「時間がない」を捨てなさい』有川真由美・著 きずな出版

<Amazon.co.jpで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4907072651/

<Kindleで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01HPP5XH2/

<楽天ブックスで購入する>
http://bit.ly/2b7f4aW

———————————————–

◆目次◆

第1の習慣 自分の感覚を大事にする 「時間と感情」を整理するルール
第2の習慣 目的を意識する 「自分の大切なこと」を優先するルール
第3の習慣 人生の哲学をもつ 「行動の軸」を決めるルール
第4の習慣 命の期限を考える 「グズグズの毎日」を抜け出すルール
第5の習慣 動くことを大切にする 「新しい明日」を始めるルール
第6の習慣 人とつながっていく 「心の支え」を見つけるルール
第7の習慣 時間を積み重ねていく 「情熱の人生」を楽しむルール
第8の習慣 時間の質を上げる 「贅沢な時間」をつくるルール

この書評に関連度が高い書評

この書籍に関するTwitterでのコメント

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー