2016年5月19日

『ぷしゅ よなよなエールがお世話になります』 井手直行・著 vol.4321

【ぷしゅ?】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492502823

商売をやっていると、その間、ブームが起こることがあります。

勢いに乗って、ビジネスも伸びるけれど、波が去ったら、商品の存在や、下手するとカテゴリーそのものまで忘れられることがある。

でも、真価が問われるのは、そこからです。

起業において、「儲かっているからやる」のか、「儲からなくてもやる」のかは、大きな違いです。

なぜなら前者の場合、儲からなくなればやめるけれど、後者の場合、儲かる仕組みさえ作れば永続するからです。

本当の成長は、足踏みした後に始まる。

そのことを教えてくれるのが、本日ご紹介する『ぷしゅ よなよなエールがお世話になります』です。

著者は、星野リゾート系列のヤッホーブルーイング社長、井手直行さん。

本書では、地ビールブームの終焉により、ビールを大量廃棄しなければならないほど苦しんた著者らが、どうやってそこから這い上がったのか、そのエピソードが紹介されています。

赤字続きの会社が、11年連続増収増益、売上前年比40%増に至るまでに、どんなドラマがあったのか、そこでどんな学びが得られたのか、さっそくのぞいてみましょう。

———————————————–

すべてを捨てて、無重力のような状態に身を置くと、自分がどっちに引っ張られるのかがよくわかる

星野は「でもさ、もう本当に全部やり尽くしたのかな?」と言ったあと、こう言ったんです。
「とことんやろうよ。とことんやって、それでもだめだったら、そのときは会社をたたもう。会社をたたんだら、湯川で一緒に井手さんの好きな釣りでもしてのんびり暮らそう」
湯川とは、軽井沢の星野リゾートの敷地内を流れる川のことです。
そして、星野は釣りをしません(中略)
僕は電話を握りしめて泣いていた。確かに僕は釣りが好きだ。でも、星野に僕との釣りを付き合わせては、絶対にだめだ

僕は……、「よなよなエール」というビールを、強く、信じたんです。このビールを一生懸命つくり続けていれば、いつか、日本になかったこの個性的な味を理解し、愛してくれる人が、少しずつ増えるはずだ。この味を楽しみ、喜んでくださるはずだ

「スポットで棚に置いてもらっても、ブランドの価値を損なうリスクが大きいだけですよ。スポットだ、定番だなんて、消費者からは見えやしない。世間に、ああ、結局売れずに置かれなくなったんだなと思われるだけ。こういう展開が、最もブランドイメージを損なう原因になる。そもそもコンビニだって、売れないときはメーカーと一緒にブランドを盛り上げていこうという心構えが必要だ──」僕は星野が放ってきた球を、真芯でとらえて打ち返した。「社長、そんなことないですよ」

言うことを聞かないから社長にしよう

「だから、いまの不満を社員に言ってはいけません。だって、あなたのことなんです。あなたがそれでよしとしているわけです。社員に非はありません。あなたはあなたを映した鏡に不満を言っていたんです」(楽天トップセミナーの講師を務めた、大西芳明氏の言葉)

僕らは最悪の時期、会社が崩壊寸前になるほど、悪い雰囲気を経験した。だから僕は「チームビルディング」に興味を持って、その必要性を確信し、実践した。すると、社員がチームになって、さらには、この感覚でイベントを運営してくれた。すると、今度はファンがチームになってくれた。人生、やっぱり「それはちょうどいい」んでしょう。僕は独力でチームがつくれなかった。経営のことがわからなかった。だからこそ、会社を伸ばしていくことができたんです

自分が変われば、組織が変わるんです。自分が変わらなきゃ、いっさい、何も始まらないのです

———————————————–

団結力のあるチームにありがちな閉鎖性を感じて、嫌気がさす読者もいるかもしれませんが、個人的にはこの再生物語に感動しました。

誰かの「本気」に応えられるか、自分の扱う商品を信じることができるか、人生を委ねる覚悟があるか、いざというとき、体を張れるか…。

テクニックではなく、経営に最も大切な「気概」を教えてくれる本だと思いました。

雇う側、雇われる側どちらにも、得られるものがあると思います。

ぜひ読んでみてください。

———————————————–

『ぷしゅ よなよなエールがお世話になります』
井手直行・著 東洋経済新報社
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492502823

————————————————-

◆目次◆

プロローグ
第1章 おもしろそうな仕事は裏切らない
第2章 ファンは100人に1人でもいい
第3章 弁当代が出ないなら東京に行きません
第4章 どん底だから、この仕事に人生を賭ける
第5章 運命を変えた七年前の手紙
第6章 スキルは挑戦しながら身につければいい
第7章 リーダーの不満は自分を映した鏡
第8章 早ければ早いほど、最高のチームができる
第9章 僕らの働き方を変えたら、ファンも販売店もチームになった
エピローグ
付録 今夜から使える エールビールの楽しみ方

この書評に関連度が高い書評

この書籍に関するTwitterでのコメント

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー