2016年2月16日

『完全なる投資家の頭の中』トレン・グリフィン・著 vol.4228

【投資で成功するメンタルモデル】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4775972022

株価が乱高下するなか、どうしたら良いか困惑している投資家の方も多いのではないでしょうか。

迷った時は、ニュースや株価を追うのではなく、優れた師や本に尋ねるのが正解。

本日は、ちょうど届いた投資本、『完全なる投資家の頭の中』をご紹介します。

本書は、世界一の投資家、ウォーレン・バフェットを支えた名参謀、チャーリー・マンガ─の投資名言とその投資哲学を紹介した一冊。

著者は、未公開株式投資会社、ビジネスコンサルタントを経て現在、マイクロソフトで働くトレン・グリフィン氏です。

本書から学べることは、投資家としてどう自分を律するか、簡単な原理原則をどう守るか、ということだと思います。

該当する、バフェットとマンガーの言葉が入った部分を引用してみましょう。

<ほとんどの人は感情や心理を制御してすべきことを実行したり、マーケット指標を上回るためにすべきことをすべてしたりすることができない。だからこそ、ウォーレン・パフェットはよく「投資は単純ですが、簡単ではありません」(ウォーレン・パフェット Tulsa World, 2002)と言っているのである。同じことをマンガ─は「単純なアイデアに真剣に取り組む必要があります」と言っている>

本書には、マンガーが言うこの「単純なアイデア」にあたるバリュー投資の基本や、それに取り組むための心構えが書かれています。

名言家として知られるマンガーとバフェットの言葉がしばしば引用されるため、読み物としても楽しく読めるのが特長です。

さっそく、気になった部分をチェックして行きましょう。

———————————————–

パフェットはよくグレアムが規定する「感情の枠組み」について、こう言っています。「チャーリーはいつも、ほとんどの投資家がものすごく頭が良くても成功できないのは、『気性が合っていない』からだと言っています」

◆ベンジャミン・グレアムのバリュー投資 4つの原則
1.株は会社の一部分を所有しているつもりで保有する
2.安全域を確保するために、本質的価値よりもかなり安く買う
3.躁鬱病患者のミスター・マーケットを、主人ではなく、しもべとする
4.合理的に、客観的に、個人的な感情を排する

資金運用でこれほど愚かなことをしてしまう理由は、釣具屋の男の話を聞けば分かると思います。私が店に並んでいるルアーを見て、「こんな紫や緑のルアーで本当に魚がかかるのかい」と聞くと、釣具屋はこう言ったのです。「お客さん、私の客は魚じゃありませんよ」(マンガー)

投資家は資産がどうなるかを見守ります。投機家はたいていその価格がどうなるかを見守りますが、それは私たちがすることではありません(バフェット)

マンガーが金に投資していないのは、金が収益を生み出す資産ではないため、ボトムアップでファンダメンタルズ的な評価ができないからなのである

間違いには二つのタイプがあります。(1)何もしないこと(バフェットはこれを「指しゃぶり」と呼んでいます)、(2)たくさん買うべきところを少ししか買わないこと──です(マンガー)

マンガーは、好きでもない人と仕事をするには人生は短すぎると思っている。また、倫理的な理由から好きになれないモノやサービスを売っている会社にも投資したくないと思っている

大物ビジネスマンは、社会的証明の波にのまれやすい(マンガー)

公開の競りは、脳を混乱させるための仕組みです。ここには社会的証明、競っている相手に返報したいバイアス、奪われることによる過剰反応、そして負けたら品物がなくなるといった条件がそろっています。……これはまさに愚かな行動をさせるよう操作する手法にほかなりません(マンガー)

私は自分の能力のなさを見極め、それを避けるのが得意です(マンガー)

シーズ・キャンディーというブランドを、あなたが壊すことはできません。それができるのはシーズだけです(バフェット)

———————————————–

本書のなかに、今のマーケット情勢にピッタリの言葉を見つけました。

<もし一世紀の間に二~三回起こりえるマーケットが五〇%下落する事態に落ち着いて対応できないならば、普通株の株主には向いていないし、このようなマーケット変動に対して理性的に対応できる気質を持った人と比べて平凡な結果しか得ることはできません>(マンガー)

株価ではなく、本書を読むことで、ぜひ明日の投資のヒントをつかんでいただきたいと思っています。

これはおすすめの一冊です。

———————————————–

『完全なる投資家の頭の中』トレン・グリフィン・著 パンローリング
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4775972022

————————————————-

◆目次◆

監修者まえがき
はじめに
第1章 グレアム式バリュー投資システムの基礎
第2章 グレアム式バリュー投資システムの原則
第3章 智慧
第4章 間違いを犯す心理
第5章 必要不可欠な資質
第6章 グレアム式バリュー投資システムの八つの変数
第7章 会社経営において必要不可欠な資質
バークシャーの計算方法

バリュー投資とファクター投資
用語解説
参考文献

この書評に関連度が高い書評

この書籍に関するTwitterでのコメント

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー