2016年2月6日

『「儲け」のネタ大全』岩波貴士・著 vol.4218

【稼ぐためのアイデア満載】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4413111605

先日ご紹介した『偉人教室』に、平賀源内の話が書かれていました。

※参考:『偉人教室』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4905073294

「器用貧乏になってはいけない」という戒めの意味で紹介されていたのですが、平賀源内は、日本人にある行事を広めました。

それが、「土用の丑の日」。

「夏はウナギが売れない」と悩む蒲焼屋のオヤジに相談されて考案したアイデアだそうですが、このおかげで今でも夏はウナギが大量に売れています。

このように、売り方のアイデア次第で商品はまだまだ売れる。そのアイデアをまとめたのが、本日ご紹介する一冊『「儲け」のネタ大全』です。

ご存じ「大全」シリーズの体裁で、約380ページにわたり、販売促進のアイデアが記されています。

効果的なキャッチコピーの実例もたくさん示されており、この内容で1000円はお買い得だと思います。

売れていない商品を売るにはどうするか? 理想の見込み客を少予算で手に入れるにはどうすればいいか? 質の低い商品でも満足してもらえるキャッチコピーとは?

豊富なマーケティングアイデアとそれが効く理由が丁寧に書かれており、販売促進で悩む方には良いヒントになると思います。

さっそく、アイデアの一部を見てみましょう。

———————————————–

「特価品につき、お一人様3個まで」と表示をしたとたん、ふだんは1つも売れない商品が2~3個ずつ売れる

高いほうの商品の売れゆきが悪いのなら、あえてもう1つ上のグレードの商品を加える

「メーカー保障のほかに、お店独自の長期保証期間を設ける」(中略)使用年数が長くなると、実際には修理より買い替えに走るお客様も多い

「いつでも記念販売ができるように」記念日は、12カ月分つくっておく

宝石をたくさん買った人のリストをつくりたいなら「宝石箱」を販売する

軽いパソコンを探している人が多いなら……「重さ1・5kgのノートパソコン」ではなく、「軽さ1・5kgのノートパソコン」と表現すべき

「限定販売」と「解禁販売」で2度の販促を行う

自然派の「お客様」には……「ネズミもかじる、天然素材の石鹸です」

あなたの「家賃」……実は3割以上が収納代ではありませんか?

(  )を気にするあなたが、(  )を気にしないのはどうしてですか?

「業務用」:「プロ用の高級品」であることが伝わる3文字

「簡易版」:本格的ではない「間に合わせ型の商品」を求めているお客様を惹きつけることができます

「エッ、これでインスタント?」
このように、お客様の口から発してもらいたい感嘆のフレーズをこちらで用意し、言わせてしまえば、脳は自らがそのように感じたような錯覚を起こす

「私は2個使っています!」

セールス文の基本は読み手の気持ちを「下げて、上げて、急がせる」

人気の回転すし店のチラシでは、大きな「謝罪」の文字の下に「いつも店頭に並ばせてしまい申し訳ございません」とつなげていました

「フランス ロレーヌ産 岩塩使用!」

人気定番商品の“専用ケース”を、お店独自で制作し販売する

———————————————–

惜しむらくは、それぞれのマーケティングアイデアがどの程度の結果を出したのか、必ずしも数字で示されていないこと。

また、一時代に流行ったちょっと「あざとい」テクニックも紹介されており、使い方に注意しなければならない部分がありました。

とはいえ、ほとんどのノウハウは有効であり、やってみる価値のあるものだと思います。

ぜひチェックしてみてください。

———————————————–

『「儲け」のネタ大全』岩波貴士・著 青春出版社
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4413111605

————————————————-

◆目次◆

第1章 意外と知らない!「売上げ」が伸びる王道ネタ
第2章 できる人はやっている!「営業成績」が上がる(秘)ネタ
第3章 お客の反応が劇的に変わる!「キャッチコピー」の裏ネタ
第4章 なぜか財布が勝手に開く!「セールス文章」の凄ネタ
第5章 小さなひらめきで大きく稼ぐ!「売れるアイデア」の厳選ネタ
第6章 ピンチをチャンスに変える!「問題解決」の心理ネタ
第7章 気軽に実践できる!「お小遣い稼ぎ&節約」のお得ネタ

この書評に関連度が高い書評

この書籍に関するTwitterでのコメント

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー