2015年11月22日

『「無知」の技法』 スティーブン・デスーザ、ダイアナ・レナー・著 vol.4142

【今学ぶべき「無知」の技法とは?】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534053290

情報収集や学習が行き過ぎると、必ず行動の欠如が問題となるわけですが、現在のわれわれも、同じ問題に直面しているかもしれません。

間違いを指摘すること、それを恐れることは必要ではありますが、行き過ぎると、未来に必要な「行動」まで恐れる原因になります。

また、一部の賢い人の存在が原因で、その他大勢が沈黙することになり、「衆知を集める」ことが難しくなる場合もあるでしょう。

現在のように、世界が変動的(Volatile)で、不確実(Uncertain)で、複雑(Complex)で、曖昧(Ambiguous)な状況を、頭文字を取って「VUCA(ヴカ)」というらしいですが、じつはVUCAの時代には、古い知識は役立ちません。

いまはまさに、専門家が力を失う時代なのです。

われわれには、新たな知に挑戦する必要があり、またそのためには、これまでの知を捨てる勇気が要るのです。

本日ご紹介する『「無知」の技法』は、既に多くを学んだ方が、どうやって古い知を捨て、未来志向に変わるか、そのヒントが書かれています。

さまざまな学術研究、論文、エピソードをもとに、変革のための『「無知」の技法』が説かれており、行動を刺激されます。

さっそく、その刺激的な言葉、教えをチェックしてみましょう。

———————————————–

当時の医学界はガレノスへの盲信があまりにも強かった。心臓を取り出した外科医はそこに4つの心室を目で見ていたにもかかわらず、ガレノスの解説に従って3つと指摘したほどだ

「知っていること」に焦点を置くあまり、知っていることを疑ったり、知らないと認めたりすることができなくなる

人は新しいスキル獲得に努力をするよりも、すでに得たスキルの継続的向上を望む傾向がある

リーダーがすべての知を振りかざそうとすると、周囲は疲弊する。不安をかきたてられ、意欲もくじける。知っている人の知識と専門性に依存して、自分の学びと成長にブレーキをかける

自分の中に不確実性を見るときほど、人は責任者への依存傾向を強める

世界がかくも急速に変化しているのだから、私たちの知っていること、知っていると思っていることは、どんどん無価値・不正確になっていく一方なのだ

変化は常に喪失を伴う。私たちは何かを失うのがいやで、喪失を回避すべくあらゆる手を尽くす──たとえその「変化」が、長年の夢の実現であったとしても

「わからない」と認めるからこそ、ものを学べるのだ。知らないという闇は、新たな光を呼びこむ自由と余白とを差し出している

未知の領域に乗り出すときは、その過程の小さな成功や目標到達を喜ぶことが大切だ(登山家 エドゥルネ・パサバン)

説明を受けなかった子どものほうが、斬新な問題解決方法を思いつきやすい(カリフォルニア大学バークレー校での実験)

知らないというのはスリリングだ。そのスリルは、人生を生きる価値のあるものにする

頻繁に実験するチームのほうが、そうでないチームよりも高い業績をあげる

観察してみようという気持ちがあれば、世界は本当にたくさんのものを見せてくれます(ロシア人芸術家 マリア・ネクラソワ)

自由とは、大胆さの中にある(ロバート・フロスト)

———————————————–

未知に挑むマインドを植え付け、かつそれをチームで行うヒントも説かれています。

ちょっと文章が単調ですが、厚い割にさくさく読めるので、ぜひ挑んでみてください。

本書によると、<人は新しいスキル獲得に努力をするよりも、すでに得たスキルの継続的向上を望む傾向がある>そうで、なるほど、現在の日本人にも同様の傾向があるかもしれません。

これまでと同じスキルを盲信していては、チャンスに溢れる未来を失ってしまう。

ビジネスパーソンはもちろん、子育て中のお母さんにも、ぜひ読んでいただきたい一冊です。

———————————————–

『「無知」の技法』スティーブン・デスーザ、ダイアナ・レナー・著 日本実業出版社

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534053290

————————————————-

◆目次◆

PART1 「知識」の危険性
CHAPTER1 「知っている」はいいことか?
CHAPTER2 専門家とリーダーへの依存
CHAPTER3 「未知のもの」の急成長
PART2 境 界
CHAPTER4 既知と未知の境界
CHAPTER5 暗闇が照らすもの
PART3 「ない」を受容する能力
CHAPTER6 カップをからっぽにする
CHAPTER7 見るために目を閉じる
CHAPTER8 闇に飛び込む
CHAPTER9 「未知のもの」を楽しむ
APPENDIX 歩くことによってつくられる道

この書評に関連度が高い書評

この書籍に関するTwitterでのコメント

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー