2015年2月23日

『マーケット感覚を身につけよう』ちきりん・著 vol.3870

【「絶対市場感覚」を身につける】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478064784

本日の一冊は、日本有数のアクセスを誇る「Chikirinの日記」の執筆者、ちきりんさんによる「マーケット感覚を身につけられる」本。

これまで、「マーケット感覚」というと、一部の商売人や、商売人の子どもにだけ備わった、天性の勘のようなものと思われてきましたが、本書によると、それは違います。

本書では、この「マーケット感覚」を、一つの思考法と捉え、さらにマーケットを理解するための要素を7つに分けて、説明しています。

7つの要素は、以下の通りです。

【市場の構造を理解するための要素】
1.取引される価値
2.買い手=需要者(価値を入手する人)
3.売り手=供給者(価値を提供する人)
4.取引条件(価格など)
【市場の動きを理解し、予測・利用するための要素】
5.買い手と売り手が取引する動機
6.それぞれの要素に起こりうる今後の変化
7.市場の中で選ばれるための方法

この「マーケット感覚」というメガネを通して見ると、業界、企業、個人のキャリアにおいて、残念な部分とこれからのチャンスが見えてくるから不思議です。

実際、本書では、いくつかの業界・企業の例を挙げながら、マーケット感覚を持つことの大切さを説いており、読者にとって「マーケット感覚とは何なのか」つかむきっかけになると思います。

いくつか例を挙げておきましょう。

<今後、国内での自動車販売数を再び増加させるために必要なのは、「よりよい車の開発」ではなく、「車が提供できる価値の再定義」>

<サッカーに限らず、今はまだマイナーなスポーツやイベントであっても、リアルタイムで観てもらえるコンテンツの価値は、これからどの国でも大きくなります>

<日本の製造業はよく「Made in Japan」を売りにしようとしますが、それと同等以上に「Used in Japan」「Accepted in Japan」「Best seller in Japan」には価値があります。
ところが日本のメーカーは「日本製」には強いこだわりがあっても、「日本で売れている」ことに価値があるとは、まだ気がついていません>

今後、個人のキャリアにおいても「マーケット感覚」を鍛えることは必須になってくると思いますが(今日受けた日経新聞の取材でも同様のことを申し上げました)、本書はそれを鍛えられる、数少ない書籍です。

今すぐ買って、新たな時代の「マーケット感覚」を身につけましょう。

これは、マストバイな一冊です。

———————————————–
▼ 本日の赤ペンチェック ▼
———————————————–

自分が売っている商品名は言えても、売っているものの価値を正しく認識できていない人はたくさんいる

クラウドソーシングという仕組みについて特筆すべきは、どんな仕事の需要が多く、どんな分野の供給が少ないか、といった情報が、すべての人に公開されているということです。これにより仕事を探している人は、「より高い報酬を得るためには、自分はどのようなスキルを身につければよいのか」、市場から直接学ぶことができます

かつては相対取引が主流だった婚活でも、市場化が進展しています

日本一になるために必要なことと、世界で評価されるために必要なことは、必ずしも同じではありません

自分をどこで売るべきか、自分が高く売れる市場はどれなのか。「一生懸命頑張る!」前に、どの市場で頑張るべきなのかという市場の選択にこそ、マーケット感覚を働かせる必要がある

マネタイズにはあまりこだわらないほうがよいと思っています。重要なのは儲かるかどうかではなく、「価値があるかどうか」(中略)たとえ今は価格付けされていなくても、もしくは、まったく儲かっていなくても、それに価値があるのかどうか、あるとすればどんな価値なのか、誰がその価値を最も高く評価するのか、そういったことが、(最初は論理的にではなくてもいいので)直感的に理解できるようになることが重要なのです

世の中には「自分で選ぶのが大好き」な人と、「選ぶのは面倒。誰かに選んでほしい」という人がいます(中略)前者は比較サイトやレビュー情報に価値を感じ、後者は「選んでくれる人」に価値を感じるのです

◆マーケット感覚を鍛える5つの方法
1.プライシング能力を身につける
2.インセンティブシステムを理解する
3.市場に評価される方法を学ぶ
4.失敗と成功の関係を理解する
5.市場性の高い環境に身を置く

規制や罰則で問題を解決しようとしない

何かを学ぶ際には、ふたつのステップを経ることが必要です。ひとつは、組織から学ぶこと、もうひとつが、市場から学ぶことです

「変わる」ことを拒否するモノは、「替えられてしまう」

————————————————

『マーケット感覚を身につけよう』ちきりん・著 ダイヤモンド社
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478064784

————————————————-

◆目次◆

序 章 もうひとつの能力
第1章 市場と価値とマーケット感覚
第2章 市場化する社会
第3章 マーケット感覚で変わる世の中の見え方
第4章 すべては「価値」から始まる
第5章 マーケット感覚を鍛える5つの方法
終 章 変わらなければ替えられる

この書評に関連度が高い書評

この書籍に関するTwitterでのコメント

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー