2013年7月1日

『MBA流チームが勝手に結果を出す仕組み』若林計志・著  Vol.3268

【マネジャーが持つべき3つの武器】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569810950

本日の一冊は、株式会社ビジネス・ブレークスルーで、海外オンラインMBAプログラムを立ち上げ、大前研一教授の「経営戦略」のティーチングアシスタントも務めた著者が、マネジメントで使える「3つのコントロール」について述べた一冊。

3つのコントロールというのは、

1.行動コントロール(Action Control)
2.結果コントロール(Result Control)
3.環境コントロール(Personnel & Cultural Control)

のことで、マネジャーはこの3つを適切にコントロールすることで、マネジメントを成功に導くことができる、というものです。

なかでも興味深かったのは、規模拡大のために必要な「行動コントロール」の話で、どうやらこれには向いている仕事と向いていない仕事があるようです。

◆行動コンロトールに向いている仕事、向いていない仕事

向いているもの
・絶対に失敗できない仕事(原発オペレーター/パイロットなど)
・ルーティンワークが多い仕事
・人の入れ替わりの激しい仕事
・チェーン店やフランチャイズの仕事

向かないもの
・研究開発など、こうやれば絶対に成功するというモデルがない仕事
・デザインなどアート系の仕事
・顧客によってきめ細かい対応が必要なホテルのコンシェルジュのような仕事

仮に、読者の仕事が行動コントロールに向いている場合は、以下のノウハウが役に立つでしょう。

◆「行動コントロール」の具体的な手法

1)行動制限
1.物理的制限
部屋にロックをかける、危険な機械には安全装置をつける
2.組織的制限
組織階層や稟議システムなどによって、各自が判断して行動できる範囲を制約する
2)事前レビュー
予算や行動計画を提出させて、何をしようとしているかを事前にチェックする
3)行動責任
チェックリストなどを作り、決められたルールに沿って行動しているかを上司が確認する
4)二重化
絶対に失敗できない業務や不正防止のために、複数の人が確認したり、いくつかのゲートを設けてチェックできるようにする

本書が一貫して主張しているのは、いつでも、どんなビジネスにも有効なマネジメント手法はないということ。

だからこそマネジャーは、本書で書かれたマネジメントの選択肢を理解し、いつでも引き出しから取り出せる状態にしておく必要があるのです。

現場で必要なマネジメント理論のエッセンスを、じつにコンパクトにまとめた一冊。

さらりと読めるので、ぜひ通勤時間に読むことをおすすめします。

—————————————————
▼ 本日の赤ペンチェック ▼
—————————————————

◆3つのコントロール
1.行動コントロール(Action Control)
2.結果コントロール(Result Control)
3.環境コントロール(Personnel & Cultural Control)

イトーヨーカ堂で経験を積んだ大久保氏が、小売業の再建を手がける際に、まず行うのは、あいさつの徹底だ

小売店の売上げの70~80%は固定客によりもたらされるという科学的データを、大久保氏は把握しているのである。その固定客を増やす最も効果的な方法が「あの店、感じいいね」と思ってもらうことなのだ。そして「あの店、感じいいね」という印象を持ってもらうための、最も直接的な方法が「あいさつ」なのである

よく人気のラーメン屋が、チェーン展開した途端に味が落ちて失敗してしまう例がある。その原因は、「行動コントロール」が甘いからだ。もし店舗を拡大するなら、その味を作り出している要素を、徹底的に分解する必要がある。食材の選び方、管理方法、店員の調理技術などをきちんと検証して、再現性のあるノウハウにしなければならない

マネージャーの仕事は標準作業手順を作ること

◆「行動コントロール」の具体的な手法

1)行動制限
1.物理的制限
部屋にロックをかける、危険な機械には安全装置をつける、など
2.組織的制限
組織階層や稟議システムなどによって、各自が判断して行動できる範囲を制約する
2)事前レビュー
予算や行動計画を提出させて、何をしようとしているかを事前にチェックする
3)行動責任
チェックリストなどを作り、決められたルールに沿って行動しているかを上司が確認する
4)二重化
絶対に失敗できない業務や不正防止のために、複数の人が確認したり、いくつかのゲートを設けてチェックできるようにする

本来「結果コントロール」であるべき仕事を、いつまでも「行動コントロール」でマネジメントしていると問題が起こる

————————————————

『MBA流チームが勝手に結果を出す仕組み』若林計志・著 PHP研究所
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569810950

————————————————-

◆目次◆

第1部 人を動かす3つの力
第1章 自由かスパルタか──永遠のテーマに終止符を打つ
第2章 なぜ今、マネジメントコントロールが必要か
第3章 行動コントロール Action Control
第4章 結果コントロール Result Control
第5章 環境コントロール Personnel & Cultural Control
第6章 プロフェッショナルマネージャーの仕事
第2部 実践編
第7章 成功企業に学ぶマネジメントコントロール

この書評に関連度が高い書評

この書籍に関するTwitterでのコメント

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー