2013年7月21日

『ネットからリアルへ O2Oの衝撃』 岩田昭男・著 Vol.3288

【次のビジネスキーワード「O2O」とは?】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4484132184

本日の一冊は、クレジットカードやEコマースの最新動向に詳しいジャーナリストの岩田昭男さんが、ネットとリアルが融合する「O2O(ONLINE TO OFFLINE)」時代のマーケティングを論じた一冊。

かつて、ITバブルの頃、「クリック&モルタル」という言葉が流行りましたが、今起こっている変化は、あれと全く逆。

楽天やアマゾン、ヤフーなどのネット企業がスマホと決済システムを使って、リアルに進出してくる、という、まさにオンラインからオフラインへの動きなのです。

本書によると、「約140兆円といわれる消費のなかでECの売り上げは8兆円。オンライン企業にとって、リアルはまだまだ伸びしろのある、美味しいマーケットなのです。

JCB、セゾンカードなどと組んで優位に立つヤフー・ジャパングループ、グループ内にカード会社を持つ楽天グループ、2012年度の数字で売上高7300億円を記録したアマゾン…。

しのぎを削る各社の動向と、O2Oで今後考えられるチャンス、新しい決済サービスなど、最新の情報がたくさん盛り込まれており、じつに読み応えのある一冊です。

誰もが企業からモノを買い、個人情報、購買情報を握られている時代、M&Aやアライアンスは集客のための手っ取り早い道だということが、よくわかります。

そして、最後に心に残ったのは、著者のこんなコメント。

<私がスクエアに期待したいのは、個人が加盟店になることで起こる変化だ。個人が消費者であり事業者である、そんな時代が近づいている。そのときに起こる変化は何か。これまで商品とならなかったようなものが売れ始めることではないだろうか>

スマホ+決済で、ビジネスに新たな潮流が生まれる。そのダイナミズムを感じながら、ぜひビジネスチャンスを探ってみてください。

これはおすすめの一冊です。

—————————————————
▼ 本日の赤ペンチェック ▼
—————————————————

どの年収クラスでも保有率1位は楽天カード

2013年7月1日からヤフー・ジャパンのサイトで貯めたヤフー・ポイントがすべて自動的にTポイントに置き換わるようになった

これまでの楽天は、楽天市場と楽天経済圏でだけ、楽天スーパーポイントを使えるのが特徴であり売りだった。それによって、リピート客をたくさん取り込むことができた。ところが、その強みを捨てて、一般のリアル店舗(加盟店)でも、スーパーポイントを貯めて、使うことができるように規則を変更したのだ

現在Tポイントの提携店は5万2000店あり、名寄せ後のアクティブ会員数も4400万人を突破した。この数字は国民の3人に1人がもっている計算になる。とくに20代の若者の3人に2人がこのカードをもっているから、若者に強いポイントサービスといえるが、40代でも2人に1人、50代で3人に1人、60代でも5人に1人がもっていることから、すでに国民的なポイントサービスに発展・成長したといってよいだろう

主導権はお客様にあり、お客様にどう選んでいただくかというその一点で考えたときに、主導権はどっちにあるかなどといっているとお客様に支持されないサービスとなって全体が細っていくことになる(ヤフー・ジャパン田鎖智人氏)

決済は、金融マターから販促マターになる

ドコモには6000万人を超える銀行口座からの引き落としが可能な顧客がいる。実際に毎月、ドコモの決済サービスによって巨額の利用料金が引き落とされ、莫大なキャッシュ・フローを生み出している

スクエアはひと言でいうと、個人同士でクレジットカードの取引が可能になるシステム。アメリカはモバイル電子マネーでは日本やアジアの後塵を拝してきたが、スマートフォンさえあればだれもがいつでもどこでも手軽に決済できるスクエアの登場で、モバイル決済サービスの分野で一歩リードしたことになる

私がスクエアに期待したいのは、個人が加盟店になることで起こる変化だ。個人が消費者であり事業者である、そんな時代が近づいている。そのときに起こる変化は何か。これまで商品とならなかったようなものが売れ始めることではないだろうか

————————————————

『ネットからリアルへ O2Oの衝撃』岩田昭男・著 阪急コミュニケーションズ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4484132184

————————————————-

◆目次◆

PART1 O2Oの覇者を目指して、ウェブ事業者の激突が始まった
CHAPTER1 「端末基点マーケティング」のすすめ
CHAPTER2 「楽天」VS「アマゾン」、いよいよ始まった頂上決戦!
CHAPTER3 躍進する共通ポイント「Tポイント」
INTERVIEW1 日本人の半数が利用者。史上最強の共通ポイント誕生!
CHAPTER4 O2Oという大きなうねり──ヤフー・ジャパンの挑戦
INTERVIEW2 O2Oの核になるのはヤフー・ウォレットだ!
PART2 O2Oで変わる、買い物の現場と決済業界
CHAPTER5 O2Oで変わる業種、変わらない業種
CHAPTER6 決済視点で読み解くO2O時代──決済は販促マターになる
CHAPTER7 O2O時代を牽引する新盟主たちの実力
CHAPTER8 スマートフォンを読取機で使う仰天発想
     ──次世代のジョブズが描く未来
CHAPTER9 O2O時代のクレジットカード会社のあり方
CHAPTER10 O2O時代の賢いカード選び──カード+電子マネー+アプリ

この書評に関連度が高い書評

この書籍に関するTwitterでのコメント

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー