2013年3月3日

『伝え方が9割』佐々木圭一・著 Vol.3148

【誰にでも「心を動かすコトバ」が創れるプロの技術とは?】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478017212

世の中には、お願いごとの上手な人、買わせるのが上手な人、自己PRの上手な人というのが存在します。

お願いごとの上手な人はトップセールスになり、買わせるのが上手な人はマーケターになり、自己PRの上手な人は就職で内定をもらいまくるわけですが、じつはこの3者には、共通の技術が存在しました。

それは、「伝え方」という技術です。

本日紹介する一冊は、この「伝え方」を、プロのコピーライターがネタばれ覚悟で指南した、注目の一冊。

著者は、プレイステーションなどのヒットコピーを手掛け、米国の広告賞「One Show Design」において日本人コピーライター初の「ゴールド賞」を受賞した、佐々木圭一さんです。

わずか200ページちょっとの薄い本ですが、そのなかに「プロの技」が、再現可能なノウハウとしてまとめられており、ひと言で言えば、金銭的価値の高い本です。

「デートしてください」よりは、
「驚くほど旨いパスタの店があるのだけど、行かない?」。

「レポートの提出、延期してください」ではなく、
「クオリティ上げたいので、粘ることできませんか?」。

仕事でもプライベートでも、成果は伝え方によって大きく変わるものですが、本書には、その「伝え方」に違いをもたらす技術が紹介されているのです。

たとえば、「ノー」を「イエス」に変える3つのステップ。これを意識するだけで、誰でもお願い上手になれます。

◆「ノー」を「イエス」に変える3つのステップ
1.自分の頭の中をそのままコトバにしない
2.相手の頭の中を想像する
3.相手のメリットと一致するお願いをつくる

ここで一番難しいのは、2の<相手の頭の中を想像する>部分だと思いますが、本書では、これに関しても、「7つの切り口」としてメソッドを紹介しています。

「チカンに注意」というポスターを貼っても効果のなかった地域で、ぴたりとチカンが止まった言葉を紹介しましょう。

<住民のみなさまのご協力で、チカンを逮捕できました。ありがとうございます>

これは、「嫌いなこと回避」という切り口ですが、相手が嫌いなことを想像させ、それを回避する選択を促すというメソッド。して欲しくないことをさせないために有効な方法です。

このように、本書には、人を動かす「プロの技」が盛り込まれているのです。

販促力をアップするために、人心掌握の技術を高めるために、ぜひ読んでおきたい一冊です。

—————————————————
▼ 本日の赤ペンチェック ▼
—————————————————

「デートしてください」

「驚くほど旨いパスタの店があるのだけど、行かない?」

「レポートの提出、延期してください」

「クオリティ上げたいので、粘ることできませんか?」

「いつもありがとう、山田さん。この領収書、おとせますか?」たったこれだけの差で、成功率が上がります。理由が2つあります。なぜなら、「ありがとう」と感謝するコトバに、人は否定をしにくいからです(中略)さらになぜなら、「山田さん」と名前を言われると、人は応えたくなるからです

正反対のコトバを効果的に使えば、心を動かすコトバになる

「鹿児島農協のかぼちゃ」ではなく「福留数幸さんのかぼちゃ」を世の中は求めるようになったのです

◆「ノー」を「イエス」に変える3つのステップ
1.自分の頭の中をそのままコトバにしない
2.相手の頭の中を想像する
3.相手のメリットと一致するお願いをつくる

住民は「チカンに注意」というポスターをつくり貼っていたのですが、ほとんど効果はありませんでした。でも、そのポスターをあるコトバに変えたら、ぴたりとチカンが止まったというコトバがあるのです。なんだと思いますか?「住民のみなさまのご協力で、チカンを逮捕できました。ありがとうございます」

人は「決断」が得意ではないのです。一方で、人は2つ選択肢があるときの「比較」が得意です

「自治会のミーティングに来てください」

「他の人が来なくても、斉藤さんだけは来てほしいんです」

「あなたが好き」より「嫌いになりたいのに、あなたが好き」のほうが高低差があります

◆赤裸裸法
1.最も伝えたいコトバを決める
2.自分のカラダの反応を赤裸裸にコトバにする
3.赤裸裸ワードを、伝えたいコトバの前に入れる

————————————————

『伝え方が9割』佐々木圭一・著 ダイヤモンド社
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478017212

————————————————-

◆目次◆

はじめに 伝え方にはシンプルな技術がある
第1章 伝え方にも技術があった!
第2章 「ノー」を「イエス」に変える技術
第3章 「強いコトバ」をつくる技術
コラム 時間にゆとりのある方には、長文全体を強く!
おわりに あなたの宝の地図を見つけよう

この書評に関連度が高い書評

この書籍に関するTwitterでのコメント

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー