2012年6月23日

『アントレ・リーダーの「情熱」仕事術』 デイヴ・ラムジー・著 Vol.2894

【現場感もりもりのリーダー論】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152093013

本日の一冊は、「ニューヨーク・タイムズ」の実用書部門で第1位に輝いたベストセラー『EntreLeadership』の邦訳。

著者のデイヴ・ラムジーさんは、アメリカで絶大な人気を誇るファイナンシャルアドバイザーで、過去にミリオンセラーも出した人物。

「60ミニッツ」や「オプラ・ウィンフリー・ショー」などの影響力ある番組にも出演した有名人で、現在は「デイヴ・ラムジー・ショー」というラジオ番組のホストを務め、毎週450万人以上のリスナーにアドバイスをしているようです。

そんな著者が今回書いたのは、「アントレ・リーダー(起業家の魂を持ったリーダー)」になるための心構え。

本書によると著者の両親は不動産業をやっていて、「長いドライブのあいだ子どもたちに自己啓発のテープを聞かせるというサディスティックな趣味を持っていた」そう。本書にもその自己啓発書のエッセンスが生きています。

そう、これは基本的には起業家向けの経営アドバイス、あるいは一流のリーダーになろうとする人へのマネジメントのアドバイスなのですが、そのところどころに、自己啓発書好きのにおいが漂っているのです。

著者の個人的体験がベースの本ではありますが、随所に過去の偉人たちの名言が登場したり、経営理論が登場したり、うまいことバランスをとっています。

起業家へのアドバイス本としては、よくある内容ですが、未来のリーダーのための自己啓発書として読めば、なかなか実用的で役立つと思います。

ぜひチェックしてみてください。

—————————————————
▼ 本日の赤ペンチェック ▼
—————————————————

ヘンリー・フォードはこう言った。「失敗を知らない人間は、失敗を知る人間の下で働くことしかできない」

ジョン・マクスウェルは著書『統率者の哲学──リーダーシップ21の法則』(アイシーメディックス)のなかで、「天井の法則」というすぐれた洞察を示した。要約すると、「あなたの組織やあなたの未来には、ここまでしか行けないという天井がある。その天井とはすなわち自分自身である」という内容だ

恐怖と怒りによって人を動かすのは、リーダーとしてやってはいけないことだ

うまく説得できれば、それは未来の行動につながっていく

夢は人間や組織にとって、生きるための糧になる。最近新しいことを夢見ていないという人は、今すぐ夢見ることをはじめてほしい

◆目標設定の7つの領域
(1)仕事(2)お金(3)精神(4)肉体(5)知性(6)家族(7)社交

◆目標を実現するための4つのテクニック
1.目標は具体的かつ測定可能にする
2.目標には期限をつける
3.目標は自分で決める
4.目標は紙に書き出す

多くの人が夢を生きられないのは、恐怖を生きているせいだ
(有名講演家レス・ブラウン)

◆追い風=(集中+全力)×時間

良いものをつくれば、森の奥に住んでいても人びとはやってくるだろう、と哲学者は言う。しかし十分な数の人に来てほしいのなら、やはり道路をつくったほうがいい(ウィリアム・ランドルフ・ハースト)

◆部下を叱るときのポイント
1.手短にする
2.自己満足の手段にしない
3.人ではなく問題を責める
4.一対一で話をする
5.感情的にならない

「節税」の名のもとに不必要なものを購入するのは、賢いやり方とは言えない

人生の終わりが近づいたとき、「もっと契約をとればよかった」と後悔する人はまずいない

————————————————

『アントレ・リーダーの「情熱」仕事術』デイヴ・ラムジー・著 早川書房

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152093013
————————————————-

◆目次◆

第1章 最強のリーダーシップ
第2章 夢にはじまり、ゴールに終わる
第3章 時間はどこへ消えた?
第4章 優柔不断なリーダーはリーダーじゃない
第5章 秘密も、魔法も、ありません
第6章 小さなことからはじめよう
第7章 ビジネスは簡単だ、人間さえいなければ
第8章 一流のウェイターが教えてくれること
第9章 もう、お金で悩まない
第10章 パーティ会場の地図
第11章 仲間の絆が勝利を生む
第12章 大人だってほめられたい
第13章 成功する人間がおろそかにしない3つのこと
第14章 タダ働きはごめんです
第15章 信頼のロープ

この書評に関連度が高い書評

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー