2012年4月25日

『年収1億円人生計画』江上治・著 Vol.2835

【年収1億円の人生計画?】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785231

本日の一冊は、15万部のベストセラーとなった『年収1億円思考』の待望の人生計画編。

※参考:『年収1億円思考』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766784863

過激な主張で、賛否両論生まれた、問題作の続編ということで、トーンがどうなるか注目していましたが、過激さはまったく衰えていません。

むしろ<「奴隷(いま)」のままでは、一生稼げない>など、さらに歯に衣着せぬ言い回しで、年収1億円稼ぐことの「リアル」に迫っています。

今回のテーマは、人生計画ということで、まず冒頭に明治の大富豪、本多静六の人生計画の立て方が登場。

そして、著者独自の切り方として、人生計画を、3つに区切っています。

「第一次」人生計画:0歳から社会に出るまで
「第二次」人生計画:社会に出てから年収2000万円になるまで
「第三次」人生計画:年収2000万円から年収1億円へ

普通の感覚からいえば、こんなに大ざっぱでいいのか? と疑問に思ってしまいそうですが、読むと確かに納得できます。

「安売りは、客の『奴隷』である」
「夫婦の主従関係がはっきりしているから上手くいくのである」

など、人によって受け入れがたい主張がバンバン出てきますが、これも年収1億円のクライアントを50人以上見ている、著者ならではの「リアル」なのでしょう。

まだ年収が2000万円に達していない方は、本書の教えを素直に実行することで、現在、年収2000万円前後で止まっている方は、心の「壁」を取り払うことで、年収1億円への道を切り開くことができるかもしれません。

本書には、著者のクライアントである小久保選手や、普通の税理士から4社のオーナーになった税理士、伝説の保険販売員Nさん、50店舗マッサージ店を経営する黒川社長、美容室チェーンのオーナーなど、たくさん稼ぐ人の事例が登場します。

巻末には、付録として<年収1億円「人生計画書」のつくり方>もあるので、併せて参考にするといいでしょう。

ぜひ、チェックしてみてください。

—————————————————
▼ 本日の赤ペンチェック ▼
—————————————————

大切なのは、この奴隷あるいは奴隷状態の時代を、どのように生きていくかである。それによって、一生、奴隷から抜け出せないヤツで終わるか、脱却して「自由」を獲得できるかが決まる

私は奴隷時代、来る日も来る日も、保険の約款、商品、書類づくりといった内務事務処理に明け暮れたものだ。同期の連中からは、「女みたいな仕事だ」と笑われながら。しかし、この時代に地味な仕事に没入したことが、のちに大きな果実をもたらしてくれたのである

「親離れ」は年収1億円の第一歩

天才は、「繰り返し」からしか生まれない

食わず嫌いではなく、まずは「何でもやってやろう」という姿勢で行けば、新しい経験がいくらでもできよう。そうして、さまざまな体験の中から自分の好奇心、欲が生まれてくるものを一本見つけるのだ

なぜ、やり続けられるかといえば、その仕事が人から評価される、認められる、つまりは「楽しい」からだろう

2000万円という年収レベルを獲得するキーワードは、「調べる」「真似る」「耐え忍ぶ」である

賢者は事前に調べつくす。だから、稼ぎの確率が上がるのである

問題は、どんな業界、業種を選ぶか、である。選ぶポイントは、5年後に伸びている業界、成長期にある仕事である

安売りは一文の得にもならないということだ。24時間、対応しますとアピールするのはまさにサービスの骨頂であるが、一面、ものすごい安売りである

「誰を育てたのか」を見れば、メンター選びは失敗しない

夫婦の主従関係がはっきりしているから上手くいくのである

勝ってるときも、負けてるときも応援するから、サポーターなのだ

有力者の口添えで「成功者組合」の一員に、自分を引っ張り込んでもらうことが、年収1億円を実現する近道だ。有力者との「癒着」が大切なのである

「分かち合い」ができれば、あなたはもっと稼ぐことができる

お札にアイロンをかける

————————————————
『年収1億円人生計画』江上治・著 経済界
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785231
————————————————-

◆目次◆

プロローグ 年収1億円を目指す覚悟
第1章 [第一次人生計画]0歳から社会に出るまで
第2章 [第二次人生計画]年収2000万円の段階に
第3章 [第三次人生計画]年収2000万円から年収1億円へ
附録 年収1億円「人生計画書」のつくり方

この書評に関連度が高い書評

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー