2009年5月15日

『どん底から億万長者』ブーン・ピケンズ・著

【「乗っ取り屋」の勝負哲学】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4767808235

本日の一冊は、1980年代のアメリカM&Aブームの際に、過小評価されていた石油会社に買収攻勢をかけ、「乗っ取り屋」と恐れられた男、ブーン・ピケンズによる一冊。

敵対的買収で名をはせた人物であり、その行動には決して尊敬できない部分も含まれていますが、祖母から学んだというお金の規律や、ビッグビジネスに臆せず挑むメンタルの強さ、そして交渉術には、学ぶところがあります。

また、なかなかの名言家であり、巧みな比喩から、ビジネスや投資の本質を学ぶことができます。

なかでも感心したのは、以下の文章。

「人々を導くのは、資金集めと似ている。自分の信じる事業のために、ほかの人々にお金を出してもらうのは難しいことではない。しかしそのためには、まず最初に自分のポケットを奥の奥までよく調べることだ。同じように、自分がまず模範を示すことで、人々もつ
いてきてくれるようになる」

多くの経営者は、これができないために規模を拡大できないわけですが、ピケンズはまさにここを指摘しています。

ほかにも、「いつだって、計画性を持った鈍才は無計画な天才を出し抜くことができる」「心と体の健康問題は、ほかの要素と同じく人を堕落させる」など、なるほどと思わせる内容が満載。

興味のある方は、ぜひご一読を。

————————————————————
▼ 本日の赤ペンチェック ▼
————————————————————

私はキャリア全般において、本命視されていなかったおかげで、活動的な株主から私の度胸に一目置いてくれる方々まで、熱心なファンや誠意ある支持者に恵まれた

祖母のネリーはとても規律正しい人で、ほぼ毎晩夕食は紅茶1杯と何もつけない全粒粉のトースト1枚だけだった。私は祖母の教えを忘れたことはない。「覚えておきなさい。すぐにお金を手放してしまうのは、愚か者のすることです」。私が散髪と映画とポップコーン1袋に50セント使ってしまった時、祖母はこう言った

自社株をほとんど持っていないような社長は、アフリカにいるヒヒと同程度にしか株主のことを気にかけていない

「ぼうや、歯磨き粉はかならず1本だけ買うんだよ。そうすればなくなるのがわかっているから、チューブを丸めて絞り出しながら、もう1週間持たせることができる。うちがチャーリー・エイモスの代わりに在庫を持つ必要はないからね」と祖母は言った

ガルフにマラソン、USスチールと、行く先々で私たちは彼らを教育していった。しかし彼らがメサとのビジネスを断っておきながら、私たちのアイデアを使うとは思いもよらなかった

大手石油会社にゆさぶりをかけると利益になる

定期的に新しい姿を見せることが重要だと私はいつも信じてきた。予想されてしまうと、失敗することがあるからだ

三揃えのスーツを着た若者がやってきてこう聞いた。「ピケンズさん、自分がアントレプレナーかどうかは、どう判断したらよいのでしょう」(中略)稼いだ金をどう使ったか尋ねた。「僕はいつも働いていて、金は普通口座に入れています」と答えた。私は、自分の金を普通口座に入れるのは結構なことだが、アントレプレナーとは自分の金をリスクに投資するものなのだと言った

テクニカル分析をもとにトレーディングしている人々は、知識や経験ではなくコンピューターやチャートに左右されるため、群集心理に陥りやすい

心と体の健康問題は、ほかの要素と同じく人を堕落させる

天然ガスの価格はほとんど天候によって決まる

リーダーシップとは善意を前向きな行動に転換する資質である

人々を導くのは、資金集めと似ている。自分の信じる事業のために、ほかの人々にお金を出してもらうのは難しいことではない。しかしそのためには、まず最初に自分のポケットを奥の奥までよく調べることだ。同じように、自分がまず模範を示すことで、人々もついてきてくれるようになる

輸入石油への依存が増してゆけば、あらゆる代替エネルギーに広く門戸が開かれる

いつだって、計画性を持った鈍才は無計画な天才を出し抜くことができる

————————————————
『どん底から億万長者』エクスナレッジ ブーン・ピケンズ・著
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4767808235
————————————————

◆目次◆
イントロダクション
第1章 血、内蔵、羽
第2章 大きい契約にも小さい契約にも、同じだけ時間がかかる
第3章 新たな出発
第4章 どん底
第5章 船に荷を積む
第6章 すべてはチームのために
第7章 ピークオイルとともに生きる
第8章 強気で勝負し、高得点を稼ぐ
第9章 ステップアップした寄付
第10章 「地図をしまえ!」
第11章 水と油を混ぜる
第12章 わが人生最大の取引
第13章 壮大なるアイデア
あとがき――未来へ向かって
謝辞

この書評に関連度が高い書評

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー