2007年3月23日

『ランチェスター戦略「一点突破」の法則』

【】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534042027

本日の一冊は、ランチェスター戦略コンサルタントとして知られる福永雅文さんが、弱者が強者に勝つための戦略と事例を紹介した一冊。

ランチェスター戦略に関する本はたくさんありますが、本書が秀逸なのは、小さな商店からタレント、戦国武将、最近注目の企業事例まで、幅広く事例を集めて解説している点です。

一点突破によって商圏を広げ、最終的に大きな売上げを手に入れる差別化戦略の実践法が、事例により具体的にイメージできる点が、類書にない魅力ではないでしょうか。

「局所優勢」「各個撃破」「武器効率」などの概念も、きちんとビジネスに落とし込んで解説されているため、自分の商売に即・役立てることができます。

「一点突破の7大要因」としてまとめられている「商品戦略」「地域戦略」「流通戦略」なども、具体的なアイデアが散りばめられており、参考になりました。

個人のブランド構築に関心のある人も、企業のマーケターも楽しめる、じつに読み応えのある一冊です。

ぜひ読んでみてください。

————————————————————
▼ 本日の赤ペンチェック ▼
————————————————————

<局所優勢>
ここで勝つんだと勝負の決勝点を決め、そこに戦力を集中すれば、
その局所においては勝てる

<各個撃破>
敵を分断し優先順位をつけて一つひとつ順番にやっつけていきます

<武器効率>
武器の性能を敵に比べて相対的に有利になるようにすること

一点突破と売上・利益の維持拡大を同時に果たそうとするなら強烈
な増客・増注を伴う必要があります。日本酒好きのマニアックなお
客さんを広域から集客し、通のお客さんの相談に対応し接客して買
ってもらわなければなりません

弱者は「武器効率を高める=差別化戦略」が基本戦略

重要な理念はライバルに対しても最強の競争力となり、真似のされ
ない本質的な差別化戦略となる

重点化については「ラインは狭くアイテムは深く」が鉄則

◆商品の差別化の方法
1.商品の性能・機能の差別化
2.商品の用途の差別化
3.商品のネーミング、色柄デザイン・パッケージ、サイズの差別化
4.サービス業の場合はサービス品質
5.価格

地域戦略こそ差別化の最後の切り札であり、弱者のNo.1作りの原点

No.1になりやすいエリア、比較的強いエリア、上位との差が少ない
エリア……要するに勝ちやすいエリアを選べば良い

流通を制するものは市場を制します。缶コーヒーのジョージアがト
ップブランドなのは旨いからでも安いからでもありません。コカコ
ーラ社の自動販売機の数が他社を圧倒しているからです

顧客・エンドユーザーに接近すること。直販や「川下作戦」が有効

情報化社会では言葉遣いの重要性が増します。言語感覚の鋭いものが勝つ

弱者は小さな市場で大きなシェアを!

————————————————
『ランチェスター戦略「一点突破」の法則』

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534042027
————————————————

■目次■

プロローグ 一点突破せよ!!
第1章 志の旗を掲げよ!「弱者の基本戦略」
第2章 戦場を定めよ!「弱者の商品戦略・地域戦略」
第3章 狙い撃て!「弱者の顧客戦略・流通戦略」
第4章 空中戦を支配せよ!「弱者の集客戦略」
第5章 一対一の接近戦で負けるな!「弱者の営業戦略」
第6章 そして、全面展開せよ!!「強者の基本戦略」
エピローグ 一点突破のための”7大要因”
特別付録 ランチェスター式事業戦略ワークシート

この書評に関連度が高い書評

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー