【スタンフォード大学伝説の「ものづくり」講義?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478021589 本日の一冊は、スタンフォード大学伝説の「ものづくり」講義、「良い製品、悪い製品」の講義メモをもとに編まれた一冊。 著者は、スタンフォード大学大学院で工学博士号を取得し、その後、UCLAでアートを学習、社会人としてはジェット推進研究所(JPL)、GMでエンジニアとして働いた経験を持つジェイムズ・L・アダムズ氏。 本書では、タイトル通り、『よい製品とは何か』を、さまざまな視... 【詳細を見る】

【マクドナルドの経営術】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822274195 本日の一冊は、日経ビジネスの大人気連載「経営教室」の書籍化第一弾。 トップバッターは、日本マクドナルドホールディングスCEO、原田泳幸さんです。 タイトルは、『成功を決める「順序」の経営』となっていますが、一見わかりにくい<「順序」の経営>とは一体何なのか? これはじつは、一時流行った「戦略ストーリー」を重視しろということなんです。 著者は、この「順序」に関して、こんなことを述べて... 【詳細を見る】

【ネットビジネス改善の40項目】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534050607 本日の一冊は、観光牧場の企画広報で成果を上げ、その後楽天市場で2年連続ショップ・オブ・ザ・イヤー「ベスト店長賞」受賞、現在は販促コンサルタントとして活躍中の竹内謙礼さんによる販促ヒント集。 タイトルに「40の言葉」とあるように、計40のTipsが書かれており、経験者なら右ページのヒントを読むだけで、初心者でも本文を読めば、販促のポイントがわかるようになっています。 売れなくなると、営業... 【詳細を見る】

【起業家必読!マイケル・E・ガーバーの新作が登場!】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797372656 本日の一冊は、著作の合計18点、販売部数計800万部を超える起業のカリスマ、マイケル・E・ガーバーによる待望の新刊。 著者は、世界的ベストセラー『はじめの一歩を踏み出そう』を出した後、一時リタイアしていたようですが、再び人々の起業家精神を呼び覚ますため、活動を再開した模様です。 ※参考:『はじめの一歩を踏み出そう』 http://www.amazon.co.jp/... 【詳細を見る】

【痛快な仕事術?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492044965 本日の一冊は、先延ばしには意義があると提唱したエッセイで2011年のイグ・ノーベル文学賞を受賞したスタンフォード大学哲学科の名誉教授による一冊。 ※イグ・ノーベル賞は、ユーモアあふれる奇妙な科学研究に贈られる賞として知られる 受賞の対象となった第1章をはじめ、先延ばしに関する、これまでになかった主張が展開されており、仕事術マニアは必読の内容です。 では、なぜ先延ばしに意義があるのか、本書の主張... 【詳細を見る】

【挑戦する人の名言集】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4861139929 最近売れている『スタンフォードの自分を変える教室』しかり、『メリットの法則』しかり、現在は、「自分を自動で動かす」ノウハウが売れているような気がしています。 最も身近なコミュニケーションツールである「スマホ」にすら、企業がマーケティングを仕掛けてくる今日、放っておけば、大抵の人は、誘惑に屈する人生になってしまう。 そんななか、正しい方向に向かっていくには、一体どうすればいいのでしょうか。 ... 【詳細を見る】

【鉱物から見た世界史とは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4562048719 ベストセラーとなった、岩瀬大輔さんの『入社1年目の教科書』 に、こんなことが書かれていました。 ※参考:『入社1年目の教科書』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478015422 <世界史ではなく、塩の歴史を勉強せよ> このフレーズを覚えていたから、というわけではありませんが、たまたま書店で、ビジネスマンの教養にピッタリの素敵な... 【詳細を見る】

【本田直之氏が提唱する、新しい働き方とは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478023808 本日の一冊は、シティバンクなどの外資系企業を経て、バックスグループを上場に導き、現在はハワイと日本のデュアルライフを楽しんでいる著者が、これからの働き方を説いた一冊。 著者は本書執筆のために、日米約20社を取材したらしく、本書には、最先端の働き方を模索する、以下の企業事例が登場します。 ・パタゴニア ・ザッポス ・エバーノート ・IDEO ・d.school ・セ... 【詳細を見る】

【好かれる人のメール術】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/433497743X 本日の一冊は、『世界No.2営業ウーマンの「売れる営業」に変わる本』、『人に好かれる話し方』などのベストセラーを持つ、和田裕美さんによる注目作。 ※参考:『世界No.2営業ウーマンの「売れる営業」に変わる本』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478540578 ※参考:『人に好かれる話し方』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4479791... 【詳細を見る】

【これは掘り出し物。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4756243878 本日の一冊は、世界的に有名なカルト的ファッションブランドであり、日本ではムックが100万部以上売れた「キャス・キッドソン」の創業者、キャス・キッドソン本人による初の自伝。 同社のモチーフであるバラをあしらった可愛らしい表紙からは想像もつきませんが、じつはこの本、かなり本格的なビジネス書なのです。 内容は、創業者キャス・キッドソンの生い立ちと、「モダンヴィンテージ」のアイデアが生まれた背景、事業拡... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー