2011年5月24日

『最強マフィアの仕事術』 マイケル・フランゼーゼ・著 vol.2498

【最強マフィアが教える「ルール」とは?】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4799310119

本日の一冊は、あのアル・カポネの再来と謳われた元最強マフィア、マイケル・フランゼーゼによる一冊。

非合法の商売をやっているマフィアに学ぶことなんてあるのか!と思う方が大半かと思いますが、この本を読めば、いかにマフィアの知恵が、ビジネスと直結しているか、痛感すると思います。

お金の流れを作るしくみや、信頼できる仲間の選び方、計画の立て方、恐怖と信頼、どちらが有効かというマネジメントの話、さらには交渉術まで、じつに役立つ話が盛り込まれています。

マフィアとして週に数億のビジネスを手掛け、犯罪にも手を染めた著者が、最終的にたどり着いた結論。

それは、「犯罪には高い代償がついてくる」ということであり、またマキャヴェリズムには限界がある、ということでした。

代わりに、著者が見つけたのは、大富豪ソロモン王の言葉。

現実主義を極めた結果、ソロモン王の金言にたどり着いたという著者の教えが、具体的なマフィアの事例とともに語られている、じつに興味深い一冊です。

糖分ゼロの辛口テイストですが、読めば反省させられること、間違いなしです。

自分の甘さを戒めたい時に、ぜひ読みたい一冊です。

————————————————————
▼ 本日の赤ペンチェック ▼
————————————————————

すべてのチャンスを手に入れることはできない。それが人生というものだ

莫大な資産を築いた実業家の多くにはある共通点がある。親から莫大な資産を譲り受けている、という点だ

成功への近道は存在しない。だが、近道よりももっといいものがある。それは「有益な情報」だ。だからマフィアの世界では、仲間同士で互いに情報を交換し合う

マフィアは「他人のカネは自分のカネ」だと思っている。だから、マフィアのビジネスプランは「いかにカモの財布からカネを奪うか」に尽きる。マフィアの言う「カモ」とは、自分のファミリーに属さない人全員だ

計画がなければ何事も成し遂げることはできない

マフィアで大成する者は、必ず夜明けとともに行動を起こす

ハードに働かなくても成功できると思っているなら、引き出しいっぱいのシルクのパジャマを買えばいい。甘い考え方をしている人間にできるのはその程度の贅沢だ

ニワトリのように働くのではなく、ニワトリを優雅に食べられる仕組みをつくるのだ

◆どういう人物を仲間にすべきか?
そいつは”誠実”か?
そいつは”有能”か?
そいつは”頼りになる”か?

自分の周りを優秀な人材で固めれば、彼らがカネを稼いでくれる。しかも、自分も優秀だと思われる

人々を恐怖心で統率し続けることはできない

先に相手にしゃべらせて情報を集めろ

借金相手から逃げてはいけない

欲にかられると、視野が狭くなる

————————————————
『最強マフィアの仕事術』マイケル・フランゼーゼ・著 ディスカヴァー・トゥエンティワン
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4799310119

————————————————-

◆目次◆

01 マフィアだけが知っている実戦の知恵を教えよう
02 基本を知らないヤツは何をやっても成功できない
03 結果よければすべてよし!? マキャベリの罠に気をつけろ
04 本当の成功を手にしたいならソロモンの教えに学べ!
05 おしゃべりなヤツは大物にはなれない
06 マフィア流の会議術 ”シットダウン”から交渉テクニックを学べ
07 失敗はいつか成功するためのものだ
08 法律を守れ、税金はきちんと払え、仕事は誠実にしろ
09 マキャベリか、ソロモンか、あなた自身の師を選べ
10 本当の成功とは? 自分にとっての「成功」を定義せよ
最後に

この書評に関連度が高い書評

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー