2007年5月8日

『巨人・渋沢栄一の「富を築く」100の教え』

【】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062820528

本日の一冊は、500社もの会社を起こし、「日本実業界の父」と呼ばれた巨人・渋沢栄一の言葉を、5代目子孫、渋澤健さんがまとめ、解説を施した一冊です。

全部で100の教えが、渋沢栄一の過去の書物や記録から抜き出され、原文と解説が載せられています。

「心にも富を貯えるための教え」
「行いを研ぎすますための教え」
「規律を学ぶための教え」
「人と人の関係を楽しくする教え」
「会社の本質を見抜く教え」
「社会を元気にする教え」

など、テーマごとに名言がまとめられており、いずれも心に染みる教訓ばかりです。

商売人には商売人の、個人には個人なりの受取り方があると思いますが、個人的に興味をひかれたのは、実業家としてどうあるべきか、人間としてどうあるべきか、という教えです。

「人間にはいかに円くとも、どこかに角がなければならぬ」
「真の智者には、動中おのずから静があり、
真の仁者には、静中おのずから動がある」
「真に理財に長ずる人は、よく集むると同時によく散ずるようでな
くてはならぬ」

経営者に限らず、あらゆる人に当てはまる、貴重な教えだと思います。

ぜひ読んでみてください。

————————————————————
▼ 本日の赤ペンチェック ▼
————————————————————

たとえその事業が微々たるものであろうと
自分の利益は小額であるとしても
国家必要の事業を合理的に経営すれば
心は常に楽しんで事に任じられる

無欲は怠慢の基である

信用は暖簾や外観の設備だけで、収め得られるものではなく、
確乎たる信念から生ずるものである

真似はその形を真似ずして、その心を真似よ

ただこれを知ったばかりでは、興味がない。
好むようになりさえすれば、道に向かって進む。
もし、それ衷心より道を楽しむ者に至っては、
いかなる困難に遭遇するも挫折せず、敢然として道に進む

かくお膳立てをして待っているのだが
これを食べるか否かは箸を取る人のいかんにあるので、
ご馳走の献立をした上に、それを養ってやるほど
先輩や世の中というものは暇ではない

人間にはいかに円くとも、どこかに角がなければならぬもので、
古歌にもあるごとく、余り円いとかえって転びやすいことになる

『智』『情』『意』の三者が各々権衡を保ち
平等に発達したものが完全の常識であろう

真の智者には、動中おのずから静があり、
真の仁者には、静中おのずから動がある

視、観、察の三つを以て人を識別せねばならぬ

およそ信用は絶対的なものである。(中略)
一本のマッチ、一個の吸殻からも大火の起こることがある

商売上(殊に輸出営業などについて)に注意を望むのは、競争に属
する道徳である。(中略)
すべて物を励むには競うということが必要であって、
競うから励みが生ずるのである

真に理財に長ずる人は、よく集むると同時によく散ずるようでなくてはならぬ

————————————————
『巨人・渋沢栄一の「富を築く」100の教え』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062820528
————————————————

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃▼目次▼
┃ 
┃ はじめに なぜ、いま、渋沢栄一なのか
┃ 第1章 心にも富を貯えるための教え
┃ 第2章 行いを研ぎすますための教え
┃ 第3章 規律を学ぶための教え
┃ 第4章 運のつかみ方を知るための教え
┃ 第5章 教育の理想を説いた教え
┃ 第6章 家族と幸せになるための教え
┃ 第7章 人と人の関係を楽しくする教え
┃ 第8章 会社の本質を見抜く教え
┃ 第9章 社会を元気にする教え
┃ 第10章 世界とともに生きるための教え
┃ 第11章 お金儲けの哲学が光る教え
┃ おわりに 未来に生きる渋沢栄一の「黄金の知恵」
┃ 参考資料について

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

この書評に関連度が高い書評

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー