2018年11月19日

『中村天風 折れないこころをつくる言葉』池田光・解説 vol.5159

【強い心を作る中村天風の教え】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4781617247

若い頃には価値がわからないけれど、歳を重ねて初めて価値がわかる、というものが存在する。

中村天風の思想は、その最たるものではないかと思います。

東郷平八郎や原敬、松下幸之助、ロックフェラー三世など、名だたる人物が師事し、最近では大谷翔平選手も学んでいるというその思想を解説したのが、本日ご紹介する『中村天風 折れないこころをつくる言葉』。

もともと『中村天風 打たれ強く生きる100の言葉』として出されていたものを、全面的に改稿し、新たに50の言葉を加えています。

中村天風の関連本では、日本経営合理化協会さんから出されている『君に成功を贈る』が有名ですが、本書の解説を読むと、『君に成功を贈る』がさらに味わい深く読めます。

※参考:『君に成功を贈る』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4891010207/

経営コンサルタントであり、成功哲学、中国古典に詳しい著者が解説しているからでしょうか、よりビジネスパーソンに刺さる内容となっています。

理想の人生とは何か、事業を成功させるのに必要なことは何か、どうすれば逆境に負けない心が作れるか。

迷いが消え、強くなれる一冊です。

さっそく、内容のポイントをチェックして行きましょう。

———————————————–

理想の人生とは、どのようなものでしょうか。──次の四つの条件が満たされたものです。
(1)強い──順境のときも、逆境のときも、境遇のいかんにかかわらず強く生き抜く
(2)長い──できるだけ長く生き、天寿をまっとうする
(3)広い──清濁を併せ呑むほどの大きな心をもって、広くこの世と人生を生きる
(4)深い──なにごとでも深層まで達して、人生で味わう妙味をより深く味わう

好かれる人間の条件とは、何でしょうか。天風があげるのは、才能があるとか、容姿がいいとか、財力がある、といったものではありません。誰にでもできる次の五条件です。
(1)好き嫌いを言わないこと
(2)思いやりをもって、真心から親切に応接すること
(3)他人に迷惑をかけないこと
(4)他人からの恩義を重大に考えて、感謝で報いるようにすること
(5)心をおおらかにし、感謝で受けとめる、そんな心のもち方で人生をつくりあげること

目的とすると辛くなるから、楽しみにするんだよ。

執着から離れようと思ったら、それを離れようと思わないで、霊性本位の生活のほうへと自分の心をふりむけていくと、しぜーんと離れちまう。

霊性満足とは、他人を喜ばせることがうれしいという満足

力を入れることに重点をおかずに、力を働かすことに重点を置く

運命のよくないとき、運命にこだわれば、運命に負けてしまう。

自分の心の中に何かの悩みがあるならば 先ずそれは「取越苦労」か或は「消極的思考」かの何れかである。故に入念に省察すべし。

生まれながらこうだと思えば、何でもねえじゃねえか。

すべての感情や感覚の衝動、刺激を心でうけて、驚き、あるいは怒り、あるいは悲しんでいただろ。それを今度は腹でうけるようにする。

四十や、五十はもちろん、七十、八十になっても情熱を燃やさなきゃ。明日死を迎えるとしても、今日から幸福になって遅くないのであります。まして若い人の胸は炎と燃えてなきゃうそですよ。

食うために働くのではなく、働かんがために食う。

創造の生活とは、常に「人の世のためになることをする」ということを目標とする生活なのである。

人を喜ばせて、自分がまた、その人とともに喜ぶということがいちばん尊いことなんだ。

病に犯されたら、何を措いても、病を病気にしないことである。

———————————————–

読んでみて、現代人は自分のことばかり考えて、「霊性満足」を目指さないからエネルギーがなくなるのだということがよくわかりました。
(霊性満足とは、他人を喜ばせることがうれしいという満足です)

他にも、「運命のよくないとき、運命にこだわれば、運命に負けてしまう」とか、「病を病気にしないこと」とか、逆境にうまく対処する方法が書かれていて、いちいち勉強になります。

中村天風の自己啓発書をひと言で言えば、「身体性を伴った自己啓発書」。

最近は行動本が話題ですが、人間が行動するには、「肚を決める」必要がある。

本書は、この「肚」を鍛えてくれる一冊です。

ぜひ読んでみてください。

———————————————–

『中村天風 折れないこころをつくる言葉』池田光・解説 イースト・プレス

<Amazon.co.jpで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4781617247/

———————————————–

◆目次◆

第一章 くよくよしない。
第二章 とらわれない。
第三章 おそれない。
第四章 あきらめない。
第五章 ふりむかない。
第六章 くすぶらない。
第七章 おちこまない。
第八章 ふりまわされない。
第九章 まよわない。
第十章 くるしまない。
解説 天風哲学を自分のものにする学び方

この書評に関連度が高い書評

この書籍に関するTwitterでのコメント

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー