2018年3月18日

『実践版GRITやり抜く力を手に入れる』キャロライン・アダムス・ミラー・著 宇野カオリ・監修 藤原弘美・翻訳 vol.4988

【結局、大切なのは…】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/479910683X

本日ご紹介する一冊は、ベストセラー『やり抜く力 GRIT(グリット)』の提唱者、アンジェラ・ダックワースも絶賛する、GRIT実践本。

著者は、ウォートン・スクールのエグゼクティブMBAゲスト講師も務める、アメリカの人気エグゼクティブ・コーチ、キャロライン・アダムス・ミラー氏。

ポジティブ心理学、目標達成分野が専門で、目標達成の分野では、ジョージ・ワシントン大学からMentoring Awardの表彰も受けています。

『最高の人生のつくりかた』含め計5冊の書籍を出版しており、(いずれも未邦訳)、アメリカでは「NYタイムズ」「ワシントンポスト」「USAトゥディ」ABC、CBS、NBC、NPR、CNNなどにも登場する、売れっ子コーチです。

本書の内容は、昨年から話題となっているGRIT(やり抜く力)を中心に、現在自己啓発分野で言われている成功と幸福に関する研究成果を紹介したもの。

いわば最近の書籍のいいとこ取りといった内容なのですが、さすがは人気コーチ。文章に大いに啓発されます。

さっそく、内容をチェックしてみましょう!

———————————————–

日常生活におけるハンディキャップが多く、ただ学校に行くということにさえ支障をきたしているような低所得層の子どもにとって、グリットを評価することは何の得にもならない。おそらくそういう子たちにとっては、自己効力感や希望を育むことのほうがずっと価値があるのだ

重要な何かを成し遂げるまで、何年かかっても、幾多の試練を乗り越えて目標を追求し続けられる人たちは、何がどう違うのだろう?ダックワースは、そうした人たちは次の3つの共通の特徴を持っていて、その特徴こそが彼らを凡人と隔てる決定的な要素なのだと言う「情熱」「粘り強さ」「長期的な目標」

もし最高レベルの業績を出したいのなら、「困難で具体的な目標」が必要不可欠

その人自身の内側から湧き出てくるものでなければ、その人を輝かせることなど不可能なわけで、他人に夢や希望を植えつけようというのはとうてい無理な話

水泳の記録を破るといった、正当な評価が得られることを達成するために頑張るとき、人は自分を誇りに思うことができる。そしてその瞬間は、多くの親が義務だと勘違いしていた、うわべだけの、あるいはやすやすと子どもに与える称賛よりも、ずっと大きな意味を持つものなのだ

自分が何かを得るのに値しない場合、心の底ではそれをきちんとわかっている(中略)嘘の褒め言葉もインフレに陥った成績証明書も、真の自信につながることはない。そんなものではなく、忌憚なきフィードバックと高い目標の設定こそ、私たちが現在の自分の位置を知り、本当に秀でるために何をする必要があるのかを知ることにつながるのだ

「あなたの目標達成を喜んでくれるのは誰か?」

「あなたの特徴的な強みTOP5は?」

本物のグリットを持つ人は、一点に集中するタイプだ

本物のグリットを持つ人たちのモチベーションは、トロフィーやメダルの獲得ではない(中略)自分自身の限界、あるいはその競技の限界を打ち破る挑戦によって、自分は一体どこまでいけるのか、その行き着く先を見たいという気持ちだ

◆自己効力感を持つための4つの戦略(バンデューラ)
1.ストレスに対する良い手段を持つ
2.達成したいと思う目標を実際に実現している人の近くに身を置くか、ロールモデルを持つ
3.あなたの能力を本気で信じてくれる、あなたにとって大きな存在となる人を持つ
4.大きな最終目標につながる小さな目標を達成することで、何かを習得する経験を積んでいく

———————————————–

著者のコーチングメソッドを垣間見れる内容で、勉強になります。

これから何かに挑戦したい人、現在無気力になっている人、お子さんや部下にGRITを授けたいと思っている人に、ぜひ読んで欲しい内容です。

紙のせいで薄く見えますが、実際には400ページ近くある、大分な本です。

一気に、ワクワクしながら読みました。ぜひ読んでみてください。

———————————————–

『実践版GRITやり抜く力を手に入れる』キャロライン・アダムス・ミラー・著
宇野カオリ・監修 藤原弘美・翻訳 すばる舎

<Amazon.co.jpで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/479910683X/

<Kindleで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B078X9K168/

<楽天ブックスで購入する>
http://bit.ly/2HItqge

———————————————–

◆目次◆

Introduction 幸せになるための科学と実践
Chapter1 「グリット」とは何か?
Chapter2 こうしてグリットの低い世界が作られた
Chapter3 グリットを高めるための下準備
Chapter4 「本物のグリット」とは何か?
Chapter5 良いグリット
Chapter6 悪いグリット
Chapter7 グリットの正しい育て方
Chapter8 情熱
Chapter9 幸福感
Chapter10 目標設定
Chapter11 自制心
Chapter12 リスク・テイキング
Chapter13 謙虚さ
Chapter14 粘り強さ
Chapter15 忍耐
Chapter16 グリットの未来

この書評に関連度が高い書評

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー