2017年9月3日

『アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉』 小倉広・著 vol.4792

【最新刊】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478103194

本日の一冊は、20万部突破のベストセラー『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』のシリーズ最新刊。

※参考:『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478026300/

あらゆる問題の根底にある「劣等感」をテーマに、どう生きるべきか、どう自分を変えていくべきか、そのヒントを、心理学者アルフレッド・アドラーの名言から導き出しています。

<人間であるということは、劣等感を持つということである>というアドラーの言葉からもわかるように、われわれはこの「劣等感」と一生付き合っていかなければなりません。

では、その劣等感を抱えつつも、どうすれば成功できるか、他者と協力し合えるか、他者を傷つけずに済むのか、そのヒントが上手にまとめられたのが本書です。

<劣等感は、成功の基礎であり、同時に、あらゆる問題の基礎でもある>

成功した経営者は、まさにこの劣等感を味方につけた人であり、失敗した経営者は、この劣等感を制御できなかった人なのでしょう。

身につまされる話がたくさんあり、これからの生き方の指針になりそうです。

さっそく、いくつかポイントとなる名言を見て行きましょう。

———————————————–

劣等感は、成功の基礎であり、同時に、あらゆる問題の基礎でもある

劣等感が強すぎると、その反動で、必要以上に優越を追求する。その結果として、コンプレックスが発生する。

いばり散らして他者に奉仕させるか、病気や弱さをひけらかして他者に奉仕させるか。どちらを選ぶかは、子どもの頃の成功体験しだい。

「もしもAだったらBしたのに」は人生の嘘である。順番が逆なのだ。「Bでの失敗を避けるためにAを創り出した」のだ

「理想の結婚相手が見つからない」という人は本当は結婚をしたくないのだ。他者と人生を共に歩む準備ができていないのだ

病気になれば、課題から逃れ、家族を支配できる。病人がこの便利な手段を手放すとは考えにくい。

次々と仕事を変え、仲間を変え、パートナーを変え、人間関係を途中で投げ出す。劣等コンプレックスである

勇気とは「自分には能力があり、価値がある」と思える感覚

勇気がある人は、自分の課題を解決する。そして、他者に貢献する。他者に依存したり、支配したりはしない。

勇気がある人は、簡単に友だちを作る。職場、趣味の場で、周囲の人とうまくやっていく。自分のことばかりでなく、他者にも関心があるからだ。

勇気がない人は「特別」であろうとする。勇気がある人は「普通」であろうとする。「普通である勇気」を持っているからだ。

あらゆる失敗は、共同体感覚の欠如に原因がある。協力する能力が低いから失敗するのだ。

忘れっぽい人、ミスが多い人、不注意な人は、仲間に関心がない。
共同体感覚が低いのである。

共同体感覚が高い人は、相手に尽くし、与えるだけではなく、自分も援助してもらう勇気がある人だ。

「自分は集団なしには生きていけない」と認め、「自分は全体の一部である」と考える人だけが共同体感覚を高めることができる。

「不完全である勇気」「失敗する勇気」「間違いが明らかになる勇気」を持て。

———————————————–

自分の半生を振り返った時、前半は特別であろうとする人生でした。これからは「普通である勇気」を持った人生にしようと、読んでいて強く思いました。

また、「人に援助してもらう勇気」も、持てればと思います。

いろいろと気づきの多い一冊でした。

———————————————–

『アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉』
小倉広・著 ダイヤモンド社

<Amazon.co.jpで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478103194/

<Kindleで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B074MQY863/

<楽天ブックスで購入する>
http://bit.ly/2gBIsMw

———————————————–

◆目次◆

第一章 人間であるということは 劣等感を持つということ
    「劣等感」と「優越性追求」について

第二章 「強く見せる」努力をするな 「強くなる」努力をせよ
    「優越コンプレックス」について
第三章 「弱さ」を武器にしても人生は変わらない
    「劣等コンプレックス」について
第四章 勇気がない人は「特別」であろうとする
    勇気がある人は「普通」であろうとする
    勇気について
第五章 あらゆる過ちは「共同体感覚の欠如」に起因する
    共同体感覚について
第六章 激しい感情を使う人は強い劣等感がある
    「感情」について
第七章 あなたには貢献する能力があり 価値がある
    「勇気づけ」について
第八章 ひとつのことができれば他のこともできる
    自己変革について
あとがき あなたは何をなさいましたか?

この書評に関連度が高い書評

この書籍に関するTwitterでのコメント

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー