2016年4月12日

『最強のコピーライティングバイブル』 神田昌典・監修 横田伊佐男・著 vol.4284

【神田昌典氏推薦!】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478028826

初めて神田昌典氏の『小予算で優良顧客をつかむ方法』を読んだ時、アマゾンで書籍紹介のコピーを書いていた土井は、正直、衝撃を受けました。

「モノの言い方一つで売れ行きはこうも変わるんだ」ということに気づいてしまったからです。

※参考:『小予算で優良顧客をつかむ方法』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478701709

以来、「現代広告の父」デイヴィッド・オグルヴィの『ある広告人の告白』をはじめ、コピーライティングのバイブルと呼ばれるものは一通り読んだ気がします。

※参考:『ある広告人の告白』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4903212033

なかでも、そのオグルヴィと神田昌典さんが参考にしたというバイブル『ザ・コピーライティング』(ジョン・ケープルズ・著)は、内容が別格で、いまでも役に立っています。

※参考:『ザ・コピーライティング』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478004536

本日ご紹介する一冊は、この『ザ・コピーライティング』と、ロバート・コリアーの『伝説のコピーライティング実践バイブル』、ボブ・ストーン+ロン・ジェイコブスの『ザ・マーケティング』、3部作のエッセンスを、国内事例を加えた形で紹介した一冊。

「超訳」という形で3部作の原理原則がわかりやすくまとめられており、シンプルに基礎を学びたい人には手っ取り早い入門書です。

著者は、シティグループ、ベネッセグループにて一貫してマーケティングに従事し、現在CRMダイレクト株式会社の代表取締役を務める横田伊佐男氏。監修・解説を神田昌典氏が務めています。

どんな内容が書かれているのか、さっそく見て行きましょう。

———————————————–

「書くな、まず考えろ!」
コピーライティングの始まりはこれに尽きる。いきなり、コピーを書いてはいけない。誰に向けて、どんな価値やベネフィット(得、便益)を伝えるべきかを先に考える「戦略」が不可欠だ

◆ソニー損保の戦略とキャッチコピー
・戦略(何を言うか)=「新規保険加入者」×「サービス3大特長」
・コピー(どう言うか)=「ソニー損保が選ばれ続ける理由」

◆「新情報訴求」の最強キャッチコピー「8つの型」
1.「ご紹介」で始める
2.「発表」で始める
3.「発表のニュアンス」がある言葉を使う
4.「新」で始める
5.「いま、さあ、ついに」で始める
6.「とうとう、いよいよ」で始める
7.「日付や年」を入れる
8.「ニュースネタ風」にする

◆事例「ダイソンから、愛犬家のための画期的な新商品をご紹介します。」

◆事例「マヨネーズをあきらめた人に、新発売。」
【テクニック1】季語 ※「暑い夏を乗りきる~」
【テクニック2】ベネフィット ※「いまだけプレゼント」
【テクニック3】タイミング
「1か月前」「1週間前」「当日」「1週間後」「1か月後」「3か月後」と定期的なマイルストーンで訴求し続けるといい

◆「キーワード訴求」10の型
1.「◯◯する方法」とする
2.「どうやって、このように、どうして」とする
3.「理由、なぜ」を入れる
4.「どれ、どの、(このような)」を入れる
5.「他に(誰か)」を入れる
6.「求む」を入れる
7.「これ、この」で始める
8.理由の「~だから」を入れる
9.仮定の「(もし)~なら、(もし)~しても」を入れる
10.「アドバイス」という言葉を入れる

※事例「まるで20代のような上司…秘密は新しいセサミンでした」

◆事例「44歳、元気がとまらない!」

———————————————–

さまざまな事例が載っていますが、ダイレクト損保業界で13年連続売上No.1のソニー損保と業界順位を著しく落としたアメリカンホーム・ダイレクトの広告コピーの比較は、とても勉強になりました。

表紙だけ見るとかなりのボリュームを連想させますが、実際には300ページを切る上、広告事例が満載なので、サクサク読めてしまいます。

個人的には、バイブル3部作はきちんと原典に当たることをおすすめしますが、国内の成功事例を読みたい方には、おすすめの内容です。

ぜひチェックしてみてください。

———————————————–

『最強のコピーライティングバイブル』
神田昌典・監修 横田伊佐男・著 ダイヤモンド社
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478028826

————————————————-

◆目次◆

◆【監修者・解説者はじめに】──神田昌典 戦略としてのコピーライティング
◆【著者はじめに】──伝説の名著3部作を“ALL IN ONE”!
あなたも10倍速で売れるコピーが書ける!
PART1 戦略を練る
【超訳】『ザ・マーケティング【基本篇】』&『ザ・マーケティング【実践篇】』
PART2 グイッと惹きつける
【超訳】『ザ・コピーライティング』
「新情報訴求」最強のキャッチコピー8つの型
「価格訴求」の最強キャッチ─コピー8つの型
「情報・エピソード訴求」の最強キャッチコピー2つの型
「キーワード訴求」の最強キャッチコピー「10の型」
「その他訴求」の最強キャッチコピー10の型
PART3 すぐ行動させる
PART4 テスト!テスト!テスト!
PART5 超訳サマライズ:本書を使いこなす

この書評に関連度が高い書評

この書籍に関するTwitterでのコメント

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー