2007年1月26日

『バルタザール・グラシアンの賢人の知恵』

【】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4887595166

本日の一冊は、17世紀初頭~中盤に活躍したイエズス会の修道士、バルタザール・グラシアンによる、有名な処世訓。

ヨーロッパで400年もの間語り継がれ、あのニーチェや森鴎外、ショーペンハウエルにも影響を与えたという、幻の自己啓発書です。

本書の優れたところは、単なる自己啓発にとどまらず、人生を勝ち抜くための処世術が書かれているところ。

どんな人間と付き合うべきか、人を信用させるための言動とは何か、人生のリスクや脅威に打ち勝つには人をどう利用すればいいのか…。

一見、やわらかな自己啓発書のようにも見えますが、書かれている内容は、マキャベリの『君主論』にも通じる権謀術数の処世術です。

※参考:『君主論』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122040124/

人の上に立ってリーダーとして活躍したい方、賢い生き方を望む方、人との円滑な人間関係を望む方は、ぜひ読んでみてください。

————————————————————
▼ 本日の赤ペンチェック ▼
————————————————————

人は自分が学んだすべての賢人の言葉を語り、その努力を通じて自
らも賢人となる。これが達成できるのは優れた人物だけだ

学のある人と一緒にいるなら、自分自身も博学になろう。信心深い
人と一緒なら、こちらも信心深くなろう。好感を持ってもらう秘訣
は同類であることだ

賢人は相手が誰であれ忠告はありがたく受けとめ、忠告してくれた
相手に対して便宜をはかる。星を見習おう。星はどんなに明るく輝
こうとも、太陽より目立つことは断じてない。立場をわきまえるのだ

相手を信用してこちらの面目を預けてもいいのは、双方にとって危
険度が同じで、共通のリスクがあるときだけだ

うそをついてはいけないが、すべてを明らかにする必要もない。真
実は細心の注意を払って扱わなければならない

望みを持たせながらも、決してすべてをかなえてしまわないこと。
望みがあるうちは、人はあなたを覚えているが、すべてが終わって
しまうと、あなたへの感謝の念ははかなく、すぐに忘れられてしま
うものだ

疑惑の目で見ることは、隠された情報の鍵をこじあける一番の方法だ

自分の望みは秘密にしておこう。そうすれば、それを横取りしたり
阻止したりしようとする相手をくじくことができる

ユーモアは時と場所を選ぶ。それ以外はいつも真面目でいること

理性と観念の世界だけで生きていこうとするのは愚かなことだ。感
情もかけがえのない人生の要素であり、それなしで社会的地位を得
たり、仕事や人づきあいをこなすことはありえない

人間は二十歳で性的欲望にかられ、三十歳で私利に、四十歳で分別
に左右されるものだ

正義に確固とした信念を置いている人は、激しい反対にも、金切り
声で抗議する大衆にも決して屈服しない。理性で自分の立場をしっ
かり守れるからだ

ゆっくりと着実な者が競争に勝つのだ

————————————————
『バルタザール・グラシアンの賢人の知恵』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4887595166
————————————————

■目次■

まえがき
1.人とのかかわりについて
2.駆け引きについて
3.会話について
4.知性について
5.自分自身について
6.才能について
7.成功について
8.人生について

この書評に関連度が高い書評

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー